理想の「完璧」な腹部にするための10のアドバイス

16 4月, 2019
腹部を鍛えて理想的な見た目にするためには、長い時間がかかります。お腹周りについた脂肪は、たとえ500g程度落とすだけでも簡単なことではないため、強い決意と忍耐力を必要とするプロセスです。しかも理想の腹部を手に入れても、すぐに暴飲暴食をしたり運動をやめては、すぐに元に戻ってしまうでしょう。

自分の理想とする「完璧」な腹部を手に入れるのは、多くの人が望んでいる目標だと思います。

しかしどれだけ頑張っても、運動とバランスのとれた健康的な食事だけではなかなか効果が現れないこともあります。

 

1.個人差を知る

腹部を平らにするという目標を設定する前に、代謝がどのように機能するかを理解してください。

体重を減らすという過程においても、一部の人は数キロを簡単に落とすことができるのに、専門家の助けを借りないと数キロ落とすのが困難な人もいます。

腹筋をつまむ

2.炭水化物の摂取量をコントロールする

炭水化物の摂取量をコントロールする必要がありますが、完全に食生活から排除するという意味ではありません。

健康に良い炭水化物は、筋肉が正常に機能すること、消化器系の機能、そして代謝を助けます。

特に、代謝は腹部の脂肪を燃焼させる上で大切な体内の機能です。

一般的なフットネスに関する理論と同様に、「極端」なことはお勧めしません。

炭水化物を完全に食生活から排除してしまうと、虚弱感や疲労感だけでなく、体内機能が低下したり、精神状態の悪化や気分の落ち込みを経験する可能性があります。

また、過剰に炭水化物を摂取するのは、特に精製された小麦粉などは肥満の原因となります。

3.脂肪を完全に避けない

脂肪は炭水化物と同様に、食生活から排除すべきだという評判を得ている食品です。

健康に悪い脂肪は、食生活から排除すべきですが、脂肪の中には私たちの健康に必要なものもあるため、何を選ぶか、そしてどの程度摂取するかが大切になります。

体内に脂肪がほとんどなければ、体はどこにもエネルギーを蓄えることができませし、脂肪は、ビタミンや他の栄養素が血流を通って移動することを可能にする一種の輸送システムとしても機能しています。

4.飽和脂肪酸を避ける

脂肪を食生活から排除するべきだという理論では、ほとんどの場合が飽和脂肪酸を指しています。

飽和脂肪酸は、健康に悪影響を及ぼす脂肪酸で、この脂肪を毎日摂取する場合は、健康で平らな腹部を手に入れることはできません。

5.塩分が少なく砂糖が少ない食生活

過剰なナトリウムと砂糖の摂取は、腹部に脂肪が蓄積されるのを促進します。

ウエスト周りを細く引き締めたいときには、これらの成分の消費を最小限に減らしてください。

角砂糖 理想  完璧  腹部  アドバイス

6.引き締まった腹部には運動が欠かせない

継続した運動を行わない人は、平らな腹部を手に入れるのが難しくなる傾向があります。

これは、ただひたすら、運動計画も立てずに腹筋運動だけをすればいいというものではありません。

腹部を平らにする効果のある統合的で効果的な運動を心がけてください。

7.水分補給を続ける

水がないと私たちの体は正常に機能することができません。

水分補給が適切に行われないと、腹部の脂肪が効率よく燃焼されないだけでなく、私たちの体に悪影響を及ぼす可能性があります。

つまり、どれだけ健康的な食生活を維持して運動を行なっても水分が不足していてはその効果が減少します。

ご存知ですか?:食べ物で体をリカバリーしよう:ワークアウト後の食事

8.夕食は軽めに

夕食を全く食べないことを推奨する食事療法もありますが、逆に健康に悪影響を与えます。

また夕食を抜くことで不安感を生み出すリスクも高まります。

夕食を軽めにすることは大切ですが、タンパク質が豊富な食事を食べることを推奨します。

こちらもお試しください:ジムの後に最適な軽い夕食レシピとは?

軽めの夕食 理想  完璧  腹部  アドバイス

一般的な、軽めの夕食をとる以外にも食生活に関する推奨事項をご紹介します。

  • それぞれの食事を軽めにする
  • 小麦粉、砂糖、炭水化物の摂取量を減らす
  • 赤身の肉や辛い食べ物の摂取を減らすまたは控える
  • キャンディー、デザート、ジャンクフードの摂取を減らすまたは控える

9.よく眠る

私たちの体が必要な休息をとらなければ、腹部の脂肪を増やすリスクが高まり、代謝が低下する代謝障害へとつながります。

10.ダークチョコレートを適量食べる

いつでも好きなときにチョコレートを食べていいということではなく、低糖のダークチョコレートを適量食べることをお勧めします。

低糖のダークチョコレートには亜鉛が豊富に含まれているため、脂肪組織の蓄積を制御する機能があると言われる、体内のレプチンの増加につながると言われています。