パワーボールを使った上腕二頭筋エクササイズ

10 4月, 2020
パワーボールは手のひらに収まる小さなボールです。パワーボールの持つ、健康とフィットネスへの多くの利点を私たちが活用するのに役立つ、基本的な原則をご紹介します。

パワーボールの人気が高まっています。ジムでも、トレーニングルーチンを補完する優れたアイテムとして使われていることがあります。特別なボールであるパワーボールは、腕を効率的に動かすのに役立ちます。

今回の記事では、美しい上腕二頭筋を目指すのに役立つ、最高のパワーボールエクササイズをご紹介します。

パワーボールとは?

革新的なフィットネスツールであるパワーボールについて、より詳しく見ていきましょう。パワーボールは、比較的新しい運動器具ですが、多くのスポーツ選手が取り入れています。パワーボールには、長所と短所があります。

パワーボールとは、ジャイロスコープが入った小さなボールですが、正確にはどのように使うのかと疑問に思っている人も少なくないでしょう。これは、ボールが回転時の効果で力を誘発し、筋力トレーニングに活用できる運動器具です。

初期の段階では、パワーボールはリハビリ治療を受ける患者が主に使用していました。その後、理学療法士が、外傷から回復する時に使用するだけでなく、スポーツの世界で筋肉を強化するために使えるという大きな可能性を見出しました。

サイズが小さいため、この器具がエクササイズにそんなに力を必要とするとは信じられないかもしれません。また、パワーボールは注意深く、そして正しく使用する必要があります。正しく使用しないと、怪我をする可能性があるからです。

最初に使うときは、内側の紐を引いてボールを回転させる必要があります。回転が始まったら、円を描く動きでパワーボールエクササイズを始めます。

この時の円を描く動きは、パワーボールの内部にあるジャイロスコープの動きとは逆です。

練習を重ねると、紐の必要性がなくなり、腕の力だけでエクササイズを行うことができます。

パワーボールを活用することで、肩と上腕二頭筋を鍛えることができます。アマチュアやプロのテニス選手、バスケットボール選手、ホッケー選手、そしてゴルフの選手の間でパワーボールが人気なのも、その効果の証明になるでしょう。

また、サイズが小さいので、ポケットに入れればどこにでも持ち運ぶことができてとても便利です。パワーボールエクササイズはとてもシンプルなので、テレビを見ているときや銀行の列に並んでいるときにも、エクササイズを行うことができます。

 

パワーボールを使った上腕二頭筋エクササイズ リハビリツールとして始まったパワーボール

パワーボールエクササイズ

パワーボールエクササイズの組み合わせは無数にあり、ダンベルの代用として使うことも可能です。上腕二頭筋のトレーニングを行う場合には、次のパワーボールエクササイズをお勧めします。

1. 肘の屈曲エクササイズ

  • 片手でパワーボールをつかみ、肘を曲げます。
  • 肘を肩より上に上げたり下ろす時に胴体に触れることなく、前腕を上下に動かします。
  • このエクササイズは、立った状態でも座った状態でも行うことができます。
  • 片腕20回繰り返したら、反対側も同様に行います。

2. ゾットマンカール

このパワーボールエクササイズは、ダンベルエクササイズに基づいてデザインされています。

非定型の動きのおかげで、上腕二頭筋を鍛えるのに役立ちます。その効果はより顕著です。

両方の腕を同時に動かすために、このエクササイズではパワーボールを2つ使用することもできます。パワーボールが1つしかない場合は、片腕でエクササイズを行った後、腕を変えて反対側を行います。

  • 立った状態で、腕を前方に伸ばしてパワーボールをつかみます。手のひらが腰に向いていることを確認してください。
  • 腕を上に向かってあげ、肩に届いたら手首を回して手のひらを前に向けます。
  • 腕を伸ばしたら、手を元の位置に戻します。これを20回繰り返します。

3. バイセップカール

前回のパワーボールエクササイズと同様に、パワーボールが2つある場合は、両腕同時に行うことができます。1つしかない場合は、片腕でエクササイズを行ってから、反対側で同じように行うことをお勧めします。

両方の腕を同時に鍛える場合は、繰り返しの動きを交互に行ってください。つまり、片方の腕が上がると、もう一方の腕が下がります。

  • 立った状態でパワーボールをつかみ、手のひらを前方に向けます。
  • 肘を曲げ、ボールが肩にできるだけ近づくようにします。数秒間その位置を保持したら下げます。
  • その瞬間、もう一方の腕が上がり、同じ運動を行います。
  • それぞれの腕で20回繰り返します。
パワーボールを使った上腕二頭筋エクササイズ 腕を鍛える効果があるパワーボール

4. シーテッド・カール

最後のパワーボールエクササイズは、ジムでよく知られている運動です。

  • 足を肩幅に開いてベンチに座ります。
  • 片手でパワーボールをつかみ、胴体を前に傾け、右肘を右の太ももに置き、左手を左膝に置きます。
  • 上腕二頭筋を引き締めて前腕を上げ下げし、手が肩に届くようにします。この動きを20回繰り返したら、反対側も同じように行います。

今回ご紹介したように、パワーボールエクササイズは、すべてとても簡単で、怪我のリスクが低い運動です。ただし、正しい姿勢とテクニックでエクササイズを実行し、徐々に難易度を上げるように注意してください。