ピストルスクワットで足を鍛えよう

4 4月, 2019
ピストルスクワットは足に特化したトレーニングです。このエクササイズを普段行っている他の足のエクササイズと置き換えることで下半身の筋肉がさらに強化されていきます。

ピストルスクワット(または片脚スクワット)は、バランスをコントロールする力と脚力の両方を必要とするスクワットのバリエーションです。

上手に行うためには柔軟性とバランス感覚が必要なのですが、ここではイスを使って行うピストルスクワットの方法や、うまく行うコツなどをご紹介していきます。

ピストルスクワットのやり方

ピストルスクワットは片足づつ行います。しゃがんだときに片方の足を前方に伸ばし、その足が床に触れないように気を付けます。

スクワット ピストルスクワット

しゃがむ時に腕を前方に伸ばすことでバランスを保つことができます。もう一方の足は床と平行にしてください。

これが難しすぎると感じた場合はしゃがむ時に友達に手を握ってもらうか、バランスを保つためにバーをつかんでください。

ピストルスクワットのメリット

ピストルスクワットはバランス感覚を改善し足を強化するのに最適な、自宅でできるエクササイズです。このスクワットを行うことにより、足全体を鍛えることができます。

自宅でどんな器具も必要なしで筋肉を強化することができるというまさに理想的なエクササイズです。それではこのスクワットの主なメリットを順に見ていきましょう。

バランス感覚が身につく

片足と両腕を使ってバランスを保つ必要があるので、足を中心とした筋肉がどんどん鍛えられていきます。

バランスを安定させるために日々努力を続けることで、だんだんと筋力とバランス感覚が良くなっていきます。途中であきらめずに根気よくトレーニングすることが肝心です。

柔軟性

ピストルスクワットでは特に下半身が柔軟であることが大事です。正しく行うには、まず真っ直ぐに胴体を保ち重心を動かさないようにします。

また、素早くしゃがむことができるようになるためには腰と膝関節の強化も必要です。もし柔軟性に欠いている場合は、ピストルスクワットを行いながら柔軟性を向上させるように努力しましょう。

筋肉の強化

足は体重を支える大事な筋肉ですが、このスクワットを行うことで足とお尻の筋肉を強化することができます。

そしてピストルスクワットを行うと強い負荷がかかるので、腹筋と腰の筋肉も同じく鍛えられていきます。

体のコントロール

ピストルスクワットを行う時、体を思い通りに動かすためにさまざまな部位をうまくコントロールしなければいけません。簡単に思えるかもしれませんが、実際やってみると同時に足と腕を動かすのは案外難しいものです。しかし努力を続けることによって、だんだん体をうまく動かせるようになっていきます。

スクワット ピストルスクワット
ピストルスクワットを行うと通常のスクワットよりも徹底的にそれぞれの筋肉を動かすことができます。

イスを使ったピストルスクワットのやり方

イスを使ってピストルスクワットを行うには、まずはイスもしくはイスの代わりになるような支えになるものを用意します。このエクササイズの難度はイスの高さによって変わり、イスが低いほど難しくなります。

はじめは従来のスクワットと同じ動きからはいります。まず、背中と胴体を真っすぐにキープしながらそのままお尻がイスにタッチするまで腰をしずめます。

そこで片足を持ち上げ、数秒間じっと保ってから元の位置に戻ります。これを数回繰り返します。

イスを使ったピストルスクワットで使う筋肉の部位

イスを使ったピストルスクワットはあらゆる足の筋肉を強化するための理想的な運動です。シンプルな動きではありますが、以下の筋肉全てを鍛えることができます。