なぜレッグプレスよりスクワットは効果的なのか?5つの理由

25 2月, 2019
この記事では、どうしてレッグプレスよりスクワットの方が効果的なのかその理由を見ていきたいと思います。ぜひあなたも挑戦してみて下さい!

マシンでのエクササイズは特定の部分には効果的です。レッグプレスは足の筋肉を鍛えるマシンですが、すぐにその筋肉に効果は見られません。レッグプレスは好みや方法次第では様々な筋肉を鍛えることができるエクササイズですが、スクワットも同時に複数の筋肉を鍛えることができます。

継続的に行うエクササイズで、健康的で筋肉のついた足を作ることができます。よくジムではレッグマシンを紹介されることがあります。確かにレッグマシンは効果的ですが、スクワットほど効果的に両足を鍛えることができるエクササイズはありません。

レッグプレスよりスクワットを行うことで得れる効果はたくさんあります。そして、より強度で効果的に他の体部も鍛えることができます。

この記事では、どうしてレッグプレスよりスクワットの方が効果的なのかその理由を見ていきたいと思います。ぜひあなたも挑戦してみて下さい!

1.スクワットはどこでもできる

最近、「忙しい」という言葉が世の中に蔓延しています。エクササイズのために時間を作ることすら難しい時もあります。レッグプレスで足を鍛えたいならばジムに行く必要があり、また自宅ならばマシンを買う必要があります。高額な費用がかかりますし、また組み立てるのに時間を必要とし、ある意味時間の無駄です。

スクワットは家でも公園でもどこでもできるエクササイズです。特別なマシンや空間も必要ありません。ジムに行く必要すらありません。ジムに行って誰かが運動を終えるのを待つ必要もなく、時間を無駄にせずいつでもどこでも始められます。

最近、ストリートワークアウトが人気になってきています。どこででも場所を制限せずにエクササイズができるのですが、スクワットもこれと同じで体とやる気さえあればどこでもできるのです。

2.スクワットは姿勢を改善する

レッグプレスは座って行うエクササイズで、足だけを使い特に他の筋肉には効果がありません。腰より下の部分だけを使い、体は安定したままなので、この運動だと他の筋肉を使っているという感覚がありません。

反対に、スクワットは体が安定しないので他の筋肉も使わなければなりません。これは体全体に効果的で、腹筋、下半身を鍛え、姿勢や体幹の改善に役立ちます。

3.スクワットは脂肪を燃焼させる

様々な筋肉を使うため、スクワットは脂肪を燃焼させる効果があります。エクササイズを終えた後でも脂肪が燃焼し続けます。これはレッグプレスではできません。耐久性が鍛えられ、カロリーを燃やし、筋肉量を作ります。

スクワットと違いレッグプレスは、四頭筋、ふくらはぎ、また臀部と太もものみに効果的です。カロリーはそれほど消費せず、筋肉の強度と成長にのみ効果的です。

4.自分の体重を使ってエクササイズできる

レッグプレスはマシンを使うため両足で自分の体重を使い押さなければなりません。これは時にマッスルメモリーと体重のバランスが保てなくなる時があります。体が慣れていない負荷をかけなくてはならないからです。

しかしスクワットは自分の体重を自然に使いながら筋肉を作ります。これによりマッスルメモリーが体と一体になることができます。筋肉に負荷をかける危険がなく、筋肉の限界を超えて不必要な体重を使う必要がありません。

5.膝に安心

両足で蹴ることは靭帯に負荷をかけます。また膝を必要以上に伸ばしたり、椅子から臀部をあげる時も怪我をしてしまう危険性があります。また筋肉の正常な動きの妨げにもなります。

スクワットは、膝を曲げる時に負担をかけません。スクワットをすることによって、靭帯が強化され関節や筋肉も調整されます。

レッグプレスとスクワットをするならば、スクワットをすることをお勧めします。スクワット運動は様々な身体的機能を改善し、また動きも多様なため退屈しません。反対にレッグプレスは動きが1つであり、また必ずマシーンを使わなくてはなりません。

あなたとあなたの筋肉の健康を考え、トレーニングの時間をぜひ楽しんで下さい。エクササイズをするときは、必ず健康的な食事を摂りたくさんの水を飲むようにして下さい。今日からでもトレーニングを始めて、スクワットを楽しんでみて下さい!