筋力の強さが不可欠なスポーツ4選

20 1月, 2020
体力と筋力の強さを必要とするスポーツを行うときには、厳しい規律に従ってトレーニングを行う必要があります。

体力と筋力の強さが特に必要となるスポーツでは、自分の強さを示すことも重要になります。

今回の記事では、筋力の強さが特に要求されるスポーツについて詳しく説明します。

筋力の強さが不可欠のスポーツの特徴

筋力の強さを必要とするスポーツは、古くから存在しており、どれだけの重量をあげられるか、運ぶことができるか、そして投げることができるかなどを示す大会が開催されていました。

その中でも重量挙げは、1896年のアテネオリンピック以降、オリンピック競技となっています。

重量挙げで大切なのは、腕の筋力だけでなく、背中と脚の筋力の強さです。

強い力を必要とする重量挙げなどのスポーツは無酸素性運動に分類され、高強度のリフティングを含みます。

筋力の強さが不可欠なスポーツの種類

最初に思い浮かぶのは、前述の重量挙げでしょう。

これは、人気のあるスポーツであることに加えて、運動強度の高いスポーツです。

重量挙げ

最初にご紹介するのは重量挙げで、複数のディスクをつけたバーベルを持ち上げるときの重さを競うスポーツです。

重量挙げでは、「スナッチ」と「クリーンアンドジャーク」という2つの競技タイプがあります。

スナッチは一時停止することなく一度にウェイトを持ち上げますが、クリーンアンドジャークでは、アスリートが肩の高さで一時停止してから、バーベルを持った腕を頭の上に伸ばします。

パワーリフティング

次にご紹介するのが、パワーリフティングです。ディスクをつけたバーを使って以下の3つの動きを行います。

  • スクワット
  • ベンチプレス
  • デッドリフト
ベンチプレス 筋力の強さが不可欠なスポーツ

これは、国際オリンピック委員会に認められている競技で、重量挙げとは異なります。ただし、オリンピック競技には加えられていません。

綱引き

綱引きは、国際連合によって承認された正式なスポーツで、1チーム8選手で競います。

それぞれのチームは、長さ33.5m~36m、外周10cm~12.5cmの綱を引きます。

筋力の強さが不可欠なスポーツ4選 綱引き

綱引きで使う綱の中央には印があり、そこから4メートル先に再び印をつけます。

試合が始まると、それぞれのチームが自分の方に向かって綱を引きます。

綱引きは、世界最古のスポーツの1つです。

砲丸投げ

砲丸投げは、その名の通り砲丸と呼ばれる鉄球を投げ、どれだけの距離が飛んだかを競います。

砲丸投げの起源には諸説ありますが、力比べがその起源だとする説が有力です。

砲丸投げ 筋力の強さが不可欠なスポーツ

鉄球の重さは、男子は7.26kg (16ポンド) 以上、女子は 4kg以上とされており、表面がセメントの直径2.135メートルの円の中から投げます。

1996年のアトランタオリンピック以来、砲丸投げはオリンピック競技です。

男子では、アメリカのランディ・バーンズ選手が、23.12メートル、女子ではドイツのイロナ・スルピアネク選手が、22.41メートルを記録しました。

最後にストロングマン・コンテストをご紹介せずに、この記事を終わらせることはできません。

ストロングマン・コンテストの参加者は、運ぶ、引く、持ち上げる、押すなどの動きと、ボクシング、スクワット、そしてデッドリフトを行なって、自分の強さを競い合います。

  • International Powerlifting Federation. Reglas Generales del Powerlifting. 1 de Enero de 2016. http://www.powerlifting-ipf.com/fileadmin/ipf/data/rules/technical-rules/spanish/Reglas.pdf
  • Halterofilia: un deporte de mucho peso. 2008. Conade México. http://conadeb.conade.gob.mx/Documentos/Publicaciones/Halterofilia.pdf