パワーボールを使って筋トレをするメリットとは?

8 4月, 2019
パワーボールジャイロスコープをご存知ですか?これは手首や腕を鍛えたりリハビリにも使われている、近年人気がどんどん出てきているトレーニング器具です。

一見するとトレーニング器具というよりよりも子供のおもちゃのように見えるかもしれません。しかし、パワーボールは理学療法と筋肉強化の両面から見ても効果的にトレーニングできる器具です。近年ではますます多くの医療専門家がパワーボールの使用法とメリットについて言及しています。この記事ではその主な機能とメリットについてご説明していきます。

そもそもパワーボールとは?

パワーボールは昔はダイナビーとも呼ばれており、ポリカーボネート製の球体でジャイロスコープが内臓してあります。回転による遠心力を利用したトレーニング器具となっています。

パワーボールを速く回すつれてジャイロスコープの回転数もあがり、抵抗が大きくなるのでより運動強度が高くなっていきます。

器具 パワーボール メリット

どのパワーボールもテニスボールぐらいの大きさでサイズは同じですが、重さやデザイン違いの多種多様なモデルがあります。115グラムぐらいのものから180~230グラムのものなど重さもいろいろです。

デザインに関してはシンプルなものから凝ったものまでさまざまなものが揃っています。中にはLEDの数字で毎分の回転数を示したりするものもあります。価格はおよそ1000円ぐらいから5000円ぐらいまでの幅があります。

パワーボールのメリット

1.リハビリに最適

パワーボールは運動療法の一環としても積極的に取り入れられています。主に手や手首、前腕、肘、肩の筋肉や関節の機能を改善する目的で使われています。

また神経筋の機能を回復させるのにも非常に効果的です。脳と各部位の筋肉のつながりがスムーズになり、動きがなめらかになり、耐久性がつき、そして安定感が出てきます。

2.体への衝撃が少ない

このボールはわずか250キロヘルツの振動しか出さないので、骨や関節に悪影響を与えることはありません。もちろん振動が高いとメリットは多いのですが、その代わりにストレスによる傷害を引き起こす可能性があります。

ただしボールの動きを止める時には十分注意してください。内部が非常に速く回転しているので、素手でいきなり止めようとすると危険です。

また動いている時は直接どこかに置かないようにしましょう。動き回って落下する可能性があり、近くの物を破損することがあります。

3.固有感覚を感知する

固有感覚とは自分の体がどこに位置していてどこを向いているかなどの状態を知るための感覚のことです。パワーボールでは様々な筋肉を動かすため、神経系を研ぎ澄ますことができます。

4.筋肉を強化する

パワーボールを使うとほんの数分のトレーニングで筋肉を鍛えることができるので非常に効率的です。手、手首、腕のエクササイズを毎日2~3セット行うと良いでしょう。

パワーボールは異なる強度の力をランダムな方向に発生させるので、これをうまくコントロールするために様々な筋肉を使うことになります。

5.楽しく続けられる

パワーボールは楽しく続けられるトレーニングです。ですから手や腕のリハビリの一環として使用する場合でも、従来のリハビリに比べると間違いなく訓練へのモチベーションを保ちやすいといえるでしょう。

パワーボールを使用するのに向いている人のタイプ

器具 パワーボール メリット

手首、腕、肘、または肩に問題がない人は、パワーボールを使用して手や腕の筋肉を鍛えて耐久性をつけ安定性を向上させることができます。使用する際は痛みや極端な疲労感が出ないように十分に気を付けましょう。

実際、主にギタリストやドラマーなどの多くのミュージシャンがパワーボールを使用しています。またアスリート、アーティスト、パソコンを使って仕事をする人達も手首を鍛えるために使っています。

また前述したようにパワーボールは運動療法の分野でも頻繁に用いられており、例えば以下のような症状のリハビリにおいて利用されています。

こういった症例での使用は医療従事者によって処置、またはアドバイスを受けて行うようにしないといけません。誤ったパワーボールの使用は元の状態を悪化させるかもしれませんので取り扱いには十分気を付けましょう。