女性のための自宅でのエクササイズルーティーン

2 3月, 2019
も筋肉をつけるため、自宅でのベストエクササイズを知りたいのであればぜひメモの準備を。この女性のためのエクササイズルーティーンは非常に効果的です。

体を鍛えたいと考えている女性はジムに通わないエクササイズについても考慮に入れるべきでしょう実際に自宅でワークアウトを行うことは可能です。本記事では、女性のための自宅で行うベストエクササイズルーティーンを紹介します。

この自宅で行うエクササイズルーティーンはとてもシンプルです。そして当然のことながら、ヘルシーな食事をとり、補足的に有酸素運動を取り入れることをおすすめします。そうすることでより良い結果を手に入れることができるでしょう。

女性のための自宅でのベストエクササイズルーティーン

この効果的な女性用ワークアウトでは以下のエクササイズを行います。

1.腕を広げて行う腕立て伏せ

このルーティーンの最初のエクササイズは腕を広げた状態で行う腕立て伏せです。腕、背筋、腹筋、胸筋、臀筋を同時に鍛えることができます。

エクササイズ 腕立て伏せを行う女性

この腕立て伏せを正しく行うには、顔を下に向け手と足を床につけます。手の位置は肩幅よりも広くし、膝は腰の後ろにします。そして肘を90度になるまで曲げながら胸と腰を下げていきます。最後は腕の力を使い胸とお尻を持ち上げ元の体勢に戻ります。

2.プランク

次に紹介する自宅で行うことのできる素晴らしいエクササイズはプランクです。シンプルで効率的なプランクは特に肩、腕そして腹部を中心に全身を鍛えることができます。正しく行うことができると、斜紋筋や臀筋、そして腰の筋肉を鍛えるのにも役立ちます。プランクを行うことで、美しい姿勢、胴体部分の筋肉、そして締まったお尻を手に入れることができるのです。

まずは腕立て伏せのように下を向いた体勢をとりますが、手の代わりに肘を床につけます。体全体をまっすぐにし、その姿勢をできるだけ長く維持します。正しい姿勢をしっかりとるために鏡の前で行うと良いかもしれません。またゆっくり深く呼吸を行うと姿勢がよりとりやすくなるでしょう。

「諦めずやり続ければ、失敗を素晴らしい結果に変えられる。」

ー マット・ビオンディ ー

3.スクワット

スクワットは大腿四頭筋や臀筋、腹筋を鍛えることのできるベストエクササイズの一つです。また、関節に衝撃を与えることなく筋肉を鍛えることができるので、膝の痛みの軽減にもつながります。

 

繰り返す動きはとてもシンプルです。まず腰幅に足を開き立ち、そこから腕を前に動かし、椅子に座るような感じで腰を落としていきます。この時、膝が前に動かないよう注意しましょう。脚が床と平行になった時に膝はつま先よりも後ろに残っていなければいけません。かかとに力を加え臀部を持ち上げ元の体勢に戻ります。

4.縄跳び

このエクササイズルーティーンの4種目目は多くのメリットを持っています。必要なものは、縄跳び一本、モチベーション、そして難易度を上げるためのちょっとした筋肉の協調性だけです。また、このエクササイズはカロリーの燃焼にも効果的で、体全体の調子の改善にも役立ちます。楽しい全身ワークアウトであり、特に下半身の筋肉を引き締めることができます。

エクササイズ 縄跳びをする女性

縄跳びをする間は視線は前に向け、体は真っ直ぐにします。足はわずかに曲げ、腕は広げすぎないようにしましょう。紐が地面に近づく度に体を協調させジャンプします。最初はうまくいかなくても落胆する必要はありません。数日の練習で間違いなく上達できます。

5.仰向けでの腕立て伏せ

最後に紹介するエクササイズルーティーンは腕の幅を狭めて行う腕立て伏せです。これは多くの女性が関心をもつ部位を鍛えることができます。このエクササイズのいいところは、椅子のような、何か自身のサポートに使えるものを用意するだけでできることです。とても簡単に行うことができ、大切なことは回数をこなすことです。

まず椅子に背を向け手を縁に置き足は床につけます。肘を曲げ上半身を下げていき、腰が床に着く直前で止めます。腕を伸ばし、かかとに力を加え元の体勢に戻ります。

最後に、この女性のためのエクササイズルーティーンを行う際は、適切なウォーミングアップをするようにしてください。そうすることで怪我を避けることにつながります。

Alves, F. S. M., Oliveira, F. S., Junqueira, C. H. B. F., Azevedo, B. M. S., & Dionísio, V. C. (2009). Análise do padrão eletromiográfico durante os agachamentos padrão e declinado. Rev Bras Fisioter, 13(2), 164-72.

Kolyniak, I. E. G. G., Cavalcanti, S. M. D. B., & Aoki, M. S. (2004). Avaliação isocinética da musculatura envolvida na flexão e extensão do tronco: efeito do método Pilates. Rev bras med esporte, 10(6), 487-90.

Silva, M. A. D. (2017). Análise da co-contração dos músculos do tronco no exercício de estabilização prancha lateral com diferentes superfícies instáveis.