魅力的に年齢を重ねていくための6種類のエクササイズ

30 4月, 2019
素敵な年の重ね方をするためには健康的な生活を長年積み重ねていくことが必要です。そのために今の生活を変えて、よりよく生きることを学ぶのに遅すぎることは決してありません。

ある程度年齢を重ねつつも健康を維持しているということは本当に素晴らしいことで、奇跡的であるといっても過言ではありません。しかしながらそこに自力で努力できることはあり、新しい習慣やエクササイズに取り組むことで可能にすることができます。この記事ではどういったものが効果的であるのかについて提案していきたいと思います。

魅力的に年を重ねるためのルーティン

普段からあまり運動をしたことがなくそれでもなお始めるとすれば、ゆっくりと徐々に取り入れなければなりません。効果が実感できるまでには少々時間がかかりますが、だんだんと目に見えて表れるようになりますのでモチベーションもあがってくるでしょう。

以下の運動は、例えば骨粗鬆症などの骨の疾患、そして関節の炎症、心臓の病気などといった高齢者がかかりやすい病気を予防する方法として有効であると考えられています。

1.ウエイトリフティング

ダンベルやプレート、あるいは砂や小麦粉の入った瓶で代用することもできます。オリンピックの重量挙げ選手を目指してハードにトレーニングしたり毎日ジムに通う必要はありません。週に2~3回の習慣として取り入れるので十分です。

たとえばテレビを見ながら立ち上がって両手でダンベルなどを持ちます。手首を自分側に向けて腕を体の前にし、右腕を肩に触れるまで曲げます。次に左腕も同じ動きを行います。

2.スイミング

水中エアロビクスと水泳が非常にメリットの多い運動であることを知っていましたか?これらは体のバランスをとりやすくし、動きをスムーズにするために効果的な運動であり、関節と骨の痛みを軽減してくれる優れた運動となっています。

また肉体的なものだけではなく、認知症やその他の記憶障害を含む認知障害を患う可能性を減らすことができます。

魅力的  年齢を重ねていく   エクササイズ

3.ストレッチ

毎日、朝目が覚めた後や夜寝る前に5分ほど体をストレッチします。ベッドの端に座って腕を頭の上に上げて胴体を脇にかた向けます。立ち上がり、胸を下げて体を曲げ両足のつま先を(または少なくとも膝に届くように)、両手でタッチします。

ストレッチには色々なやり方があり、筋肉の柔軟性を改善して痛みや収縮を減らすために行うことができます。他の活動をしながら手首や足首、腰を回転させたり腰や首を動かしたりすることができますが、いつも十分に気を付けてゆっくりと行うようにしましょう。

4.自転車に乗る

自転車に乗るというのも大変優れた運動の一つです。フィットネスバイクを使うのでも屋外でサイクリングでもどちらにもメリットがあります。近所の公園や道を自転車で走ると、肺に酸素が供給され、免疫力が高まり、膝と手首も鍛えられていきます。

週末に子供や孫と一緒に、家族で楽しむのにも最適なアクティビティであるといえるでしょう。

5.ウォーキング

エクササイズ 魅力的  年齢を重ねていく   エクササイズ

自転車に乗るのがちょっと難しい場合はウォーキングをおすすめします。ウインドウショッピングやお買い物の時よりもちょっと早めのペースで公園を散歩すると呼吸器系を改善し、たまったストレスを和らげ、足の筋肉や骨を強化し、腰痛を軽減します。週に少なくとも3回はウォーキングに出かけるようにしましょう。

6.太極拳

太極拳は腕と足のゆっくりとした滑らかな動きに焦点を当てた古代アジアから伝わる技法です。体の調子を肉体的に改善するだけでなく、精神的にも働きかけることができますので、これは間違いなくより良く年齢を重ねていくために最適な手段であるといえるでしょう。

太極拳を続けることで体が強くなり、柔軟性が増し、体のバランスが改善されて調子が整い、そしてさらに心に抱える悩み事がすっきりします。