チョコレートの神話と真実

8 4月, 2019
みんな大好きなチョコレートですが、その魅力は味だけではありません。健康にも良いことが分かってきたので、その魅力について知っておきましょう。

チョコレートは世界で最も人気のある食品の一つです。その美味しい風味と調理方法の豊富さが魅力ですよね。しかし、チョコレートも議論の余地がない訳ではありません。今回はこの魅力的で人気の食品に迫り、チョコレートの神話と真実を明らかにしたいと思います

チョコレートの神話と真実

ここ数年で、科学者たちはチョコレートの多くの利点を明らかにした数多くの研究を行ってきました。それにより、チョコレートを食べることには、健康に多くのメリットがあることが分かりました。それにもかかわらず、その歴史を通して、人々は多くのチョコレート神話を広めてきました。

チョコレートは本当に健康に良い?その利点は何?チョコレートは太るの?好奇心旺盛なチョコレート愛好家たちが、この美味しい食品の消費に関して、長い間、多くの疑問を投げかけてきました。そして科学はついに、神話の嘘を暴き、チョコレートに関する真実を明らかにしました

チョコレートの神話と真実

チョコレート  神話   真実

チョコレートは太る?

ほとんどの人は、チョコレートを摂取すると体重が増加すると思っています。それでも、この仮定が神話であると考えることもできます。その理由は、他の多くの食品と同様に、チョコレートも適量を摂取するのであれば、体重は増えないのです。バランスの取れた食事を心掛ければいいのです。

カロリー量に関しては、約100グラムのチョコレートで500カロリーと言われています。ダークやビターのチョコレートなら、カロリーはより少なくなります。

適量を食べるのなら、バランスの取れた食事から脱線することはないというのが真実です。実際、専門家は1日に15から20グラムのチョコレートを食べることを薦めています。大人も子どももです。

チョコレートは心血管系に良い?

純チョコレートを食べることは心血管系に良いということが様々な科学的研究で証明されました。最もおススメのチョコレートは、カカオの含有量が高い物です。ミルクチョコレートや砂糖を多く含むチョコレートは、もちろん、この中には含まれません。

カカオに含まれるフラボノイドとして知られている成分は、血管を拡張すると言われ、血流の改善に効果があります。だからこそ、毎日10グラムのダークチョコレートを食べることが推奨されるのです。

チョコレートについての真実

チョコレートと虫歯の関係

何年もの間、チョコレートを食べると虫歯になり、歯が溶けたり、穴が開いたりすると思われてきました。これは正確には間違っています。実際、虫歯は食生活よりも、衛生上の問題が原因になって発生します。

歯周病に関与しているのは、食べ物が口の中に残る時間です。これが虫歯の本当の原因です。

専門家はカカオの植物に含まれるテオブロミン化合物が虫歯を防ぐと述べています。歯の過敏性も抑える効果があるそうですし、この化合物は純チョコレートに含まれています。つまりダークもしくはビターチョコレートを食べると摂取できるでしょう。

チョコレートを食べるとニキビができる?

これも、よく知られるチョコレート神話の一つです。ニキビは大抵の場合、ホルモンバランスの乱れによって発症します。また特定の年齢で発症しやすいのも事実で、女性の場合、月経中にできやすくなるとも言われています。

前の段落でお伝えしたように、チョコレートは適量ならば、ニキビの発症にも影響はありません。ただし、食べるなら、ダークもしくはビターチョコレートを選びましょう。

チョコレート  神話   真実

チョコレートはうつ病に良い

チョコレートは、セロトニンとフェネチルアミンを含有しています。研究者たちは、この二つの物質が気分の改善に効くことを示しています。実際、この有機化合物は抗うつ性の役目を果たし、またアンチエイジング効果もあると言われているのです。

チョコレートを食べると幸せな気分になり、喜びを感じることがあるでしょう。2つの物質が、食べた人の気分や感情の状態を改善しているのです。またテオブロミン化合物は、脳の機能を刺激し、集中力を向上させます。

チョコレートは発見以来ずっと、論争の的になっています人々は、チョコレートが持つ二次的または有益な効果について研究してきました。専門家は日々、多くの利点を発見しています。

時間が経過し、研究者たちは、チョコレートの適度な摂取は健康に悪影響を及ぼさないことを突き止めました。チョコレートの利点をすべて享受するために、ぜひダークかビターのチョコレートを選んで、チョコレートを楽しみましょう。