ダークチョコは健康的な食べ物?

18 2月, 2019
カカオパウダーは心臓や血流、脳、神経系などに効果的だと言われています。また、糖尿病防止や抗炎症の効果も持っている素晴らしい食品なのです。

チョコは世界的に有名な食品です。乳製品を使わず、高カカオのチョコを定期的に食べると、健康に良いのです。余計な糖分も含まないなど、様々な利点もあります。

カカオパウダーの健康的な要素はカカオの中に含まれている「カテキン」成分のおかげです。抗酸化性と抗炎症性などの特性を持つダークチョコには「レスベラトロール」成分も含まれていて、神経系保護の役割も果たします。

ダークチョコが健康的なのはピュアカカオのおかげです。ですが、カカオそのままでは苦いので砂糖を少し加えないと美味しくいただけません。

ダークチョコ:重要な豆知識

  • カカオは植物のことを示します。小ぶりな木で、その木から取れる豆がカカオ豆です。
  • カカオパウダーはカカオ豆を一度焼き上げ、粉々に潰して出来上がったものです。焼いて粉状にすることによって脂肪成分を取り除きます。
  • カカオバターはカカオの脂肪分を使った作られるバターを指します。
  • チョコレートはカカオパウダーや牛乳、砂糖を使って作れるお菓子を指します。
  • ホワイトチョコレートはカカオパウダーを一切使っていないチョコのことで、牛乳と砂糖で作れます。
ダークチョコ:体に健康的?

チョコの構造

  • 良質な脂肪分

  • 抗酸化物質
  • 窒素塩基物であるタンパク質、カフェイン、キサンチンやテオブロミンが含まれています。こられは神経系を刺激したり、利尿効果や筋肉をほぐす効果があります。人によってテオブロミンは胸焼けを引き起こす原因になることもあります。
  • カリウムやリン、銅、鉄分、亜鉛やマグネシウムなども含まれています。
  • 吉草酸(きっそうさん)の働きでストレスを除いてくれます。

チョコの利点

チョコの健康効果は使っているカカオパウダーの持つカテキンやレスベラトロールのおかげです。抗酸化物質と抗炎症薬が含まれており、神経系をダメージから守ってくれると考えられています。

ダークチョコ:体に健康的?

レスベラトロールには強い神経系保護特性があります。この成分は血液脳関門を行き来して病気や浸食などから守ってくれる大事な役割を果たすのです。

カカオには約380種類の成分が含まれていて、そのうち10個は向精神薬作用があります。また、カカオには緑茶やブラックティー、レッドワインよりもフェノール成分と抗酸化物質が含まれているのです。

 

カカオのフェノール成分はストレスを開放して、ストレスが原因とされている病気などを防ぎます。

  • 抗炎症性
  • 抗腫瘍形成
  • 抗血栓性
  • 神経系保護
  • 糖尿病治療
  • 歯周病防止
  • 皮膚管理、UV線防御力を上げる
  • 持久力などを上げる
  • 子癇前症防止
  • 腸内細菌改良
  • 視力を守り、糖尿病が原因で緑内障や白内障の障害を抑えてくれる。
  • 抗肥満薬
  • 心保護的効果があり、血圧などを下げてくれます。
  • 肝臓の機能を改善

チョコとリンゴ

リンゴを食べることによって心臓の健康を維持できます。これは、リンゴに含まれている抗酸化物質とクェルセチンの抗炎症成分の持つ力です。ダークチョコにも同じ役割を果たすカテキンがあり、心臓などの健康を維持できます。

この二つを合わせることで血栓症などに効果的ですし、脳血管障害のリスクも下げてくれます。

ダークチョコ 健康

しかし、いくつかの注意点が存在します。リンゴに含まれている抗酸化物質の多くはリンゴの皮にあるので、皮をむかないで食べないといけません。ですので、ワックスや殺虫剤が使われないオーガニックのリンゴを選ぶ必要があります。

ダークチョコは栄養成分も高いです。チョコを選ぶときは、出来るだけカカオパウダーの量が高いものと糖分が低いものを選びましょう。一番のチョイスはピュアカカオですがとてつもなく苦いので注意ですよ。