DNAダイエットテストについての賛否両論

9 9月, 2019
DNAダイエットテストを行うと半分の時間で最大2倍の体重を減らすのに有効な情報を得ることができます。また長期的に病気を予防するのにも役立つといわれています。

DNAダイエットテストとは体が特定のダイエットにどのように反応するかを知るために行われるテストです。体重減少や体重増加をしやすくするために必要な情報を得ることができます。またそのダイエットをしたことによって引き起こす可能性のある病気を避けることもできるとされています。

この研究データで注目すべきなのは、70パーセントの太りすぎの人の根本的な理由が遺伝的要因であるとしていることです。さらに心血管疾患、高血圧症、コレステロール、糖関連疾患も遺伝が原因である可能性があるといわれています。専門家はDNAを抽出することによってこのテストを行いますが、臨床検査を通して行われるので患者にとって苦痛はほとんどありません。

このテストは臨床試験であるため専門機関によって行われなければなりません。またテストの結果について専門家による詳細な説明がなされる必要があります。テストの結果によって今後どういった食事療法をするかが変わってくるので、説明は必ずしっかり聞くようにしましょう。

DNAダイエットテストは魔法ではなくて科学的なものです。日常生活を豊かに送るための効率をあげるツールであり、自分の体を良く知ることにより健康状態や体調を整えていくことができます。

DNAダイエットテストについて

専門家は患者の遺伝子構成をみてDNAを分析します。そして患者は遺伝子の特性に応じてタイプ別に振り分けられます。以下が遺伝子ごとに作られたタイプ別診断リストです。

  • INSIG2型

大変高い数値のボディマス指数(BMI)を持っており、肥満になりやすい傾向にあります。

  • nMC4R型

このタイプの人は高カロリー食品を食べたいという誘惑に耐えることができません。したがって肥満になる危険性が高いです。

ダイエット DNAダイエットテスト

  • ADRB2型

この遺伝子を持っていると代謝のシステムが他と違い、脂肪を減らすのが難しい、もしくは減らせないといった問題があります。

  • APOAV型

このタイプの人は既に肥満または太りすぎであり、心血管疾患を患うリスクが高いです。しかしながら低脂肪食を摂ったり運動すると効果がよく現れます。また適切なダイエットの計画に従うことによって急速に体重を減らすことができます。

  • GNB3型

このタイプの人は肥満になる危険性が高く、またそれだけでなく高血圧症や高コレステロール血症になる可能性も高いです。低カロリーダイエットを非常に嫌い、そしていつも空腹を感じる傾向があります。

  • FTO型

このタイプの人は過食にはしる傾向があり特にカロリーが高い食べ物が大好物です。肥満になったり糖尿病になるリスクが70%もあります。

DNAダイエットテストへの賛成意見

DNAダイエットテストは有効で効果的であると主張する人は以下のデータに基づいています。

  • アドバイスにきちんと従えば健康上の問題が軽減されます。遺伝的にかかりやすい病気についても解決しやすくなります。
  • その人に最も適した効果的なダイエット方法を見つけることができます。テストの結果から正しい食生活の方針を立てることができます。
  • テストの結果からプロファイリングをして、遺伝的に最も適しているライフスタイル習慣を知ることができます。
DNAダイエットテスト

DNAダイエットテストへの反対意見

スタンフォード大学は800万ドル以上の費用がかかった研究を実施しました。この研究によると遺伝子でダイエット方法を決めるのは不可能だとされています。

この研究では609人の太りすぎの成人を特定のダイエット方法にランダムに割り当てました。その方法とは健康的な食事をするグループ、低炭水化物ダイエットをするグループ、低脂肪ダイエットをするグループです。

参加者がダイエットを終えると専門家は参加者の遺伝的プロファイルを調べました。脂肪や砂糖を摂取しなかったグループは明らかに体重が減りましたが、それと遺伝的情報とをどうやって結び付けることができるのかという科学的根拠を見い出すことができませんでした。

この研究では適切な食事を正しく摂れば他の要因に関係なく体重が減少すると結論づけられており、遺伝的なものとは無関係であると考えられています。