私はどれぐらいの期間ダイエットをすればいいの?

7 5月, 2019
ダイエットをするとき、すぐにさっさと痩せてダイエットをやめよう、なんて目論んではいけません。ダイエットとは食事療法であり、健康的な食事習慣を始めるためのきっかけにすぎないのです。

一般的にダイエットとは空腹との闘いであり、強靭な意志が必要で、そして大変疲れるものであると考えられています。ですからダイエットを始めるとすぐにいつやめることができるのかが気になり、いつもの食生活に戻りたいと思ってしまうのです。この記事ではダイエットをしなければならない期間と、いつやめるべきなのか、そして理想的な体重に達した後に健康的な食生活を維持する方法について説明していきます。

どれだけ減量したいかを定める

ダイエットすることを決めたときにまず初めに行うべき事はどのくらい体重を減らしたいのかを決めることです。これはボディマス指数(BMI)を使って計算できます。自分の体重と身長から理想的な体重を導き出し、目標を定めます。

専門家またはかかりつけの医師にアドバイスを受けることも大事です。プロの観点から理想的な体重を割り出してくれることでしょう。ボディマス指数(BMI)はあくまでも参考に使われるべきであり、過信してしまってはいけません。健康的なライフスタイルを送るためのちょっとした目安として捉えるのがベストです。

ダイエット

ダイエットを行う上で週に0.5キロ以上痩せるのはおすすめしません。奇跡のダイエット、なんていうふれこみのダイエット法は禁物です。ゆっくりと徐々に体重を減らすことがリバウンドをおこさないようにする唯一の方法でもあるのです。

ダイエットではなく健康的に食べることを学ぶ

ダイエットとはただ単に痩せるための目的にとどまりません。健康的な食生活を送ったりスポーツを楽しむことがいかに体に良いかということを知るきっかけでもあるのです。

自分が決めた目標を達成するのはなかなか難しいかもしれません。でも新しいレシピを学んだり、食べてもOKな物を発見したりしてダイエット中においても食べることを楽しみ、さらに日常生活に運動する習慣をとりいれましょう

今からの人生、ずっと厳しいダイエットをしなければいけないという意味ではありません。いったん理想的な体重に到達すれば、その後はリラックスしてゆるゆると続けていけばいいのです。

ただし前の食習慣に戻すとリバウンドしてしまってせっかくのダイエットが無駄になってしまうので、体重を維持することができるちょうどよい中間を見つけるようにしてください。もちろん時々ならご馳走を食べても大丈夫です。

ダイエット

ダイエット中に新しいスポーツを始める場合は、自分の好みに合ったトレーニング方法を見つけてください。体型を維持できて、毎日のストレスから解放されるような楽しいものがベストです。多くのスポーツがありますので、例えばパートナーや友人、家族と一緒にできるようなものをみつけると始めるとよいでしょう。

厳しいダイエットをしない

前述のようにダイエットにはここで終わり、という区切りはありません。しかしながら、理想的な体重に達したときにはいったん立ち止まることができます。皆それぞれもともと持っている体のコンディションが違うのと同時に、ホルモンの変化などによって週によって痩せやすかったり痩せにくかったりすることもあります。

ですから毎週きっちりと同じように体重を減らそうと躍起にならないようにしましょう。大事なのはダイエットを続けて目標体重を達成することであり、ちょっとぐらい日にちが伸びたからといって何も気にすることはありません。

またダイエットに夢中になりすぎての食べたいものを制限しすぎたり、せっかくの友達や家族のお祝いのディナーに参加しないなどといったことはしてはいけません。必要な時はダイエットはいったんお休みして、またすぐに始めればまったく問題ないのです。

無理なダイエットは疲れるだけで結局は続けられません。最初の数週間は効果があるかもしれませんが、長期的に考えると難しいというのが現実ですのでやめたほうがいいでしょう。