ジムの後に最適な軽い夕食レシピとは?

31 1月, 2019
ジムで頑張って運動した後は、自宅で健康的な食事を楽しみましょう!

ジムで激しい運動を行なった後は、軽い夕食を食べることで質の良い睡眠が得られ、それが筋肉の回復へとつながります。

運動を行うときによくある間違いが、必要以上に食べてしまうことです。運動をたくさんしたから、そして激しい運動をしたからという理由で過剰に食べてしまってはせっかくの努力が水の泡です。

もちろん、現在の体重を維持することだけが目標ならば、激しい運動の後に多少食べ過ぎても問題はないかもしれませんが、数キロまたはそれ以上体重を減らしたいと考えている場合は、ジムで運動した後の夕食は軽くすることをオススメします。

では、今回は軽い夕食に最適なレシピをいくつかご紹介したいと思います。

こちらもご参考に:カーディオマシンの効果的な使い方

ジムの後の軽めの夕食レシピ

キヌアサラダ

ご存知の通り、世界中でキヌアの人気が高まっています。

雑穀であるキヌアにはタンパク質が豊富に含まれているため、筋肉に栄養を与える効果の高い、夕食として食べるのに最適な食品です

キヌアをしっかりと洗うか、洗浄済みのキヌアを購入し、指示通りに火にかけて調理してください。

出来上がったらサラダとして色々な野菜や食材と組み合わせてください。

ただし、夜間に食べると増量の原因となるドライフルーツや脂肪分が多く含まれている食品を加えるのは控えるようにしましょう。

ヨーグルトとフルーツ

軽めの夕食を食べたけれど就寝前にどうしてもお腹が空いてしまう場合は、砂糖の含まれていないヨーグルトと果物を食べてください。

ただし、加える果物の種類には注意が必要で、できる限りカロリーが低く糖分の低い果物を選んでください。

果物の種類によっては消化が遅れたり、カロリーの高さから増量につながることもあります。

りんごやパイナップル、洋梨、スイカ、メロン、桃、ネクタリン、ビワなどをミックスするのがオススメですし、ヨーグルトは無脂肪のスキムミルクからできたヨーグルトを選ぶようにしましょう。

赤身肉

鶏肉をはじめとする脂肪分の少ない肉類

運動後にお腹がすぐ空いてしまう人も心配はいりません。

鶏肉や七面鳥などの脂肪分の少ない肉類の料理を作り、そこにサラダ、野菜、そしてキヌアを加えれば、低カロリーながら栄養価の高い素晴らしい夕食が出来上がります。

 

魚は体が必要とするタンパク質と健康的な脂肪酸の供給源となります。

ジムの後にお腹が空いた場合は、好きな野菜を選んでグリルなどの健康的な方法で調理してください。

野菜、きのこ、サラダ、またはキノアを副菜として添えれば、激しい運動やトレーニングの後に最適な低カロリーながら体に十分な栄養を与える食事が出来上がります。

こちらもご参照を:サーモンを楽しむための様々な調理法とは?

卵は不安の軽減など、心身の健康にさまざまな恩恵をもたらします。

卵をトルティーヤに入れたりサラダに加えたり、またきのこやアスパラガスをスクランブルエッグの中に加えるのも良いでしょう。

もちろん他の野菜を加えることも可能ですよ!

サラダ

軽めのサラダ ジム 軽い夕食

サラダは運動で失われた栄養素を補完するのに最適なメニューです。

体に栄養を補給しながら満腹感を得られる低カロリーなサラダは、たくさん食べても問題はありません。

しかし、消化に時間がかかる米類やパスタは夕食時に食べることはオススメしません。これは、体内で燃やされなければ脂肪として蓄積されてしまうからです。

サラダといっても、サラダの中にはレタス、ベビーリーフ、キヌア、そして必要ならば七面鳥やマグロなどを加えれば美味しい夕食が完成します。

ただし、サラダを食べるときには市販のドレッシングは避けてください。

その代わりに、オリーブオイル、塩、コショウ、または酢とレモンから作るシンプルな手作りドレッシングをお楽しみください。

今回ご紹介したように、ジムの後の軽い夕食にぴったりなレシピはたくさんあります。

あなたも是非ヘルシーな食生活を心掛けてみましょう!