強力な脂肪燃焼物質とは?

2 3月, 2019
脂肪を効果的に燃やしたいと考えているときは、脂肪燃焼は一晩で達成されるものではないことを理解しましょう。食事、健康的な習慣、そして強力な脂肪燃焼物質を組み合わせて一貫性のある健康的なライフスタイルを心がけてください。

ファットバナーと呼ばれることもある脂肪燃焼物質は、理想の体型を手に入れるサポートをするのに欠かせません。

脂肪を燃焼する物質を効果的に活用しながら、適度なエクササイズを行いましょう。

市場には脂肪を燃焼すると言われる製品が数多く販売されているため、どれを選んでいいのかわからなくなることもあります。

どの脂肪燃焼物質を使うべきか?

おすすめの脂肪燃焼物質の中には、サーモジェニックスとL-カルニチンがあります。

それぞれがどのような働きをするのか詳しくご説明します。

こちらもご参照を:脂肪を燃焼させるためのアドバイスとテクニック

サーモジェニック

サーモジェニックは体温を上昇させる発熱性の物質なので、一日を通してカロリーの消費量を増加させます。

つまり、体内に蓄積された脂肪の量を減らす効果が期待できます。

ただし、この物質は緑茶などのカフェイン、またはガラナなどの刺激物質から作られるため、一部の人には頻脈や不安感などを引き起こす可能性があります。

食事の前または運動の前、朝か午後にサーモジェニックを摂取してください。

ただし夜に摂取するのは避けてください。夜に摂取すると睡眠が妨げられる可能性があります。

ウエストを計測する女性

効果的に活用するためには、毎日使用せず周期的に使いましょう。

毎日使用すると体に耐性ができてしまい、期待した結果が得られないことがあります。

Lカルニチン

Lカルニチンは体内で生成される天然物質で、脂肪を輸送してエネルギーに変換し、体から自然に体外へと排除します。

ただしLカルニチンが脂肪燃焼作用を発揮するためには、高強度の運動をしなければいけません

つまり奇跡的な治療法ではなく、運動効果をサポートする成分と考えてください。

Lカルニチンを40分以上の有酸素運動と組み合わせることで、その効果が高まります。

ここで運動というのは、ゆったりとした散歩などではなく、汗をかくほど強度の高い運動を指します。

私たちの体は、強度の高い運動を行うとき、体内に蓄積された脂肪をエネルギーに変えて燃料として使用されるからです。

Lカルニチンの1日の推奨摂取量はおよ1,00~2,000 mgの間ですが、個人差があるため、販売店などで相談し、必ず指示された摂取量を守りましょう。

こちらもご参照を:家で行う高強度インターバルトレーニングとは?

脂肪燃焼物質は奇跡を起こすことができますか?

答えは「いいえ」です。

脂肪燃焼物質が効果的に作用するためには、以下のことが必要になります。繰り返しますが、これらは魔法の薬ではありません。

食生活

体の内外を健康にするための第一歩です。私たちの体が必要としている栄養素を正しく補給するためにも、バランスの良い健康的な食生活が欠かせません。

体重を減らしたいときには、栄養素は十分に摂取しながら低カロリーを維持する食生活を行いましょう。

これは日常的に摂取する必要のあるカロリーよりも500~600カロリー少なくするのが目安です。

そしてこの健康的な食生活に脂肪燃焼物質を組み合わせることで、効果的に体重を減らすのに役立ちます。

体重計  脂肪燃焼物質

運動

食事に気をつけていても運動をしていない場合、逆に運動はしているけど食事に気をつけていない場合など、減量するのに長い時間がかかります。

体を引き締めて理想の体重を目指す時は、食事と運動を組み合わせてください。脂肪燃焼物質を含む健康的な食事に加えて、週3回以上の定期的な運動を心がけてください。

プロテインシェイク

プロテインシェイクは、低カロリーの食事を補う素晴らしい方法です。

また筋力トレーニングや運動から筋肉が修復するのを助けるため、脂肪燃焼物質との組み合わせによりその効果が高まるでしょう。

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸とL-カルニチンを組み合わせて摂取すると、より効果的に迅速な目に見える結果を得るに役立ちます。

睡眠や休息

ここまでで紹介してきた項目と同じくらい、またはそれ以上に睡眠や十分な休息は大切です。

脂肪燃焼物質に、定期的な運動と健康的な食生活、そして十分な睡眠を組み合わせることで素晴らしい効果が期待できます。