体脂肪を減らす効果的なアドバイス50選

27 2月, 2019
なぜ適正体重を維持する必要があるのでしょうか?これは見た目に関する問題だけでなく、健康を維持するためにも大切です。体内に過剰に蓄積された脂肪を減らすには、決断力と忍耐力を維持する強い意志が必要です。

私たちの体に蓄積された脂肪は見た目の問題だけではなく、私たちの健康全般にも影響を及ぼします。

運動不足や座る時間の長い生活といったライフスタイルや、肥満が体内の脂肪を増やす原因になります。

どうすればこの厄介な脂肪を解消できるでしょうか?

簡単に脂肪を減らすのに役立つ50のアドバイス

真剣に脂肪を減らしたいならば、ジムの運動と食事の改善だけでは十分ではないかもしれません。

体脂肪を減らすという現実的な目標には、効果的な計画が必要です。そして特に重要なのが強い意志と決断力です。

失敗しないようにするためのヒントを含めてご紹介します。

こちらもご参照を:諦めないで!ジムに通い続ける6つの理由

1.確信

体重と脂肪を減らすのは、自分にとって重要なことであると確信しなくてはいけません。

2.水

水が私たちの体をスリムダウンするのに役立ちます。十分な水分を補給する習慣がある人は、不安感を和らげて過剰な食欲を軽減すると考えられています。

3.炭酸飲料やジュースを飲まない

炭酸飲料を飲む女性

4.食生活に気を配る

食事は大切であり、食事を抜いてはいけません。食事を抜いても体重を減らしたり肉体を改造する効果はありませんが、食生活を改善して、健康的でバランスを取れた食事をとることで減量効果が期待できます。

5.塩分を控える

塩分の過剰摂取は、体液貯留を引き起こしたり、心血管系の健康に悪影響を及ぼす可能性があります。

6.脂肪分の高い食品を控える

脂肪分の多い肉類やジャンクフードを食べる代わりに、果物や野菜を積極的に食生活に取り入れてください。精製された小麦粉や白米などの炭水化物は、体内に脂肪が蓄積する原因の一つとなります。

7.小麦粉と砂糖を摂取しない

8.色鮮やかな食事を心がける

色鮮やかな野菜や果物を積極的に摂取する食生活を心がけてください。

9.よく噛む

ゆっくりと噛んで食べる習慣があれば、満腹感を得やすいと言われています。そのため、しっかり噛んで満腹だと感じれば、食べ過ぎを予防することができます。

運動の習慣

10.有酸素運動

脂肪を軽減するのに効果的な運動である有酸素運動をお試しください。

11.色々なエクササイズに挑戦

バラエティーに富んだエクササイズを、毎日のルーチンに組み込みましょう。自分で運動を考えるのが苦手だという人は、パーソナルトレーナーに相談するかジムでクラスを取ることをお勧めします。

12.水泳

最高の結果を生み出す素晴らしい運動である水泳は、体全体を引き締める効果も期待できます。

13.運動のしすぎに要注意

14.グループでの活動

誰かと一緒に歩く、運動する、そして食生活に気をつけることで、サポートやモチベーションを維持することができます。

ウォーキングをする女性

15.体重と体のサイズを計測する

毎週体重と体の各サイズを測るのは、やる気を維持しながら自分の結果を実感するオススメの方法です。

ただし、体重にばかり気をとられるのではなくサイズも確認しましょう。

筋肉は脂肪よりも重いため、脂肪を減らして筋肉をつけたのに体重が増えているケースがありますが、この場合ウエスト周りなどのサイズは減っていることがほとんどです。

16.洋服

少しずつ痩せて洋服が大きすぎると感じたら、迷わずに洋服を処分してください。

また体重やサイズが減った時に、新しい洋服を買うというご褒美を自分に与えることで、ダイエットを継続するモチベーションになります。

17.必要な栄養価

私たちに必要な栄養は、食事から摂取してください。

医師に処方された薬以外は、できる限り薬やサプリメントを避けて自然な食品から栄養を補給しましょう。

18.少量の食事を5〜6回

朝食、朝のスナック、昼食、午後のスナック、夕食、そして就寝前にヨーグルトか果物の軽めのスナックという食事プランをお勧めします。

それぞれの食事の量は少なめにしながら、食事の回数を増やす事で、消化とカロリーの燃焼を促進します。

19.空腹時間を少なめに

十分な栄養素を体内に補給しながら、過度な空腹を感じないようにしてください。

体が空腹を感じる時間が増えると、体内で脂肪を蓄積しようとします。

20.プロバイオティクスの摂取

ヨーグルト、ケフィア、そしてザワークラウトなどの食品は、腸内フローラの状態を改善します。

21.マグネシウムの摂取量に注意を払う

体内から水分が失われるとマグネシウムも失われ、腹部の痛みやけいれんを感じ始めます。

毎日の食事から積極的にマグネシウムを摂取してください。

こちらもご参考に:バランスの良い食事に!マグネシウムが豊富な食品

22.緑茶を飲む

緑茶には、脂肪燃焼効果のある、カフェイン、フラボノイド、そして抗酸化物質が豊富に含まれています。

フルーツ、香辛料、アロマ

23.シナモンのアロマ

シナモンにはコレステロール値と血中の脂肪を軽減させる効果があると言われています。

24.パイナップルとパパイヤを食べる

脂肪の燃焼を促進する作用のある酵素作用を誘発する食品です。

25.辛い香辛料

体温を上昇させるため、より多くのエネルギーを消費する効果があると考えられています。

辛い食べ物

26.天然の抗酸化物質

キャベツ、ブロッコリー、レタス、チェリーなどの抗酸化作用のある食品を毎日の食生活に取り入れてください。

脂肪の軽減に役立ちます

27.自分を甘やかす日を作る

1ヶ月に1回、自分の好きな食べ物を食べていい日を作りましょう。

28.夜9時以降は台所に入らない

台所に入らないようにすることで、夜間についつい食べてしまったということがなくなります。

29.書くこと

自分の目標とその目標を達成するために毎日行なっている運動や食事を書き記すことは、自分の努力や成果、そして現在位置を明確に視覚化する効果があります。

瞑想と努力

30.瞑想

瞑想には、不安感を軽減する効果があります。その結果、ストレスや不安感などの精神状態の乱れによる過食を防ぐ効果も期待できます。

31.奇跡は起こらない

魔法を起こすような製品は存在しません。私たちの意思と努力が、目標に向かって頑張る私たちをサポートします。

32.買い物リストを作る

何か買うか事前にリストを作りましょう。

リストに沿って買い物をすれば、余分な食べ物を購入することがなくなり、無駄な食品を家から排除するのに役立ちます。

33.食品ラベルを確認する

包装された食品を購入するときは、食品ラベルの成分表を必ず確認してください。

34.甘いお菓子やチョコレート、そして飴を食べない

35.レストランでは低カロリーメニューを選ぶ

36.減量の妨げになるアルコールを避ける

乾杯する人々 体脂肪 減らす アドバイス

37.焦らない。

焦りは不安感や食べたいという欲求を増大させる危険があります。

38.モチベーション

なぜ体重を減らしたいのかという理由を常に忘れてはいけません。健康のため?恋人のため?見た目のため?

自分の中の理由を明確にしましょう。

39.目標から遠ざけるものすべてに「ノー」という

40.職場でも活動的に

職場での休憩時間を利用して、歩いたり動き回りましょう。

41.鍼

鍼は減量に役立つと考えられています。

42.日光を浴びる

体脂肪を減らす時、十分なビタミンDが欠かせません。

43.ストレスを軽減する

ストレスは減量を妨げる要因の一つだと言われています。

44.常に7~8時間の睡眠を心がける

45.暖房の電源を切る

46.冷蔵庫には低カロリーの食品を

47.忍耐強くなる

代謝が向上し始めるまでは、忍耐強く運動や食生活を継続してください。

48.ダイエットを楽しむ

強迫観念などにとりつかれず、楽しくダイエットを行なってください。

49.サポートグループ

ダイエットをサポートするグループや、同じくダイエットを頑張る仲間のいるグループに参加しましょう。

やる気の維持やモチベーションの向上につながる効果が期待できます。

50.強い精神状態

脂肪を減らすためには、忍耐力を伴う強い精神状態を維持することが大切です。