意外な関係性?チョコと運動の組み合わせについて

13 4月, 2019
チョコと運動には素晴らしい関係性があり、その繋がりはより大きな変化をもたらしてくれます。しかし、食べる量には注意が必要ですよ。

チョコレートは植物油脂が多いです。また、ピュアなものは糖分も低くてタンパク質やミネラルも含まれています。このような栄養素は健康に良く、運動パフォーマンスを改善してくれます。今回はそんなチョコと運動の関係性について紹介し、そのメリットのことも説明していきたいと思います。

 

トロピカルな味

チョコレートはカカオパウダーを使って作られています。五千年前にアマゾンの深いジャングルで誕生しました。カカオでも数え切れないほどのブランドがありますが、ブランドで「質」が大きく変わってきます。

多くのチョコレート製品は甘くて、添加物なども入ってます。これは不健康な上、チョコに含まれている成分などを圧倒してしまいます。

 チョコ  運動  関係性

チョコの利点?

基本的に食生活にチョコを投入するのは良いことです。多くの方はナッツなどと一緒に食べているので、体により多くのエネルギーを与えているでしょう。また、チョコを食べると体が栄養やビタミン、ミネラルを吸収しやすくするのです。

カカオには抗酸化物質が多く含まれていますし、ビタミンCや食物繊維も豊富で少し食べたら満腹感を味わえます。

研究者の中ではチョコは心血管疾患などを防いでくれると言われており、認識能力と記憶力も良くします。記憶力がぼやけたりすると、チョコを食べることにより一時的に症状を改善できるのです。

チョコと運動:パフォーマンス力アップ

ダークチョコはミルクチョコに比べ、健康的な利点がはるかに多いです。カフェインと同じ効果があり、食べると体力に必要なエネルギーを作るのです。

カフェインの効果は多くの方に知られていますが、コーヒー一杯でチョコと同じ用に筋肉系を刺激しません。

 チョコ  運動  関係性

ダークチョコはより強度が高い運動のために必要なエネルギーを体内で作ってくれます。トレーナーの中ではダークチョコを少し食べてからエクササイズを行うことが推奨されており、これによって筋肉繊維と循環系を運動する前に刺激できます。

また、カカオは疲れを溜まりにくくしてくれる効果も持っています。多く含まれている「フラボノイド」のおかげで、危険な酸化還元反応を防いでくれるのです。

このような利点がスポーツ選手が休憩中、またエクササイズ中にチョコを食べるようになった理由です。

ダーク?ミルク?どっち?

チョコレートと言っても沢山の種類が存在します。チョコの利点を運動活動に取り込めるのは具体的なチョコの種類があり、その種類が「ダークチョコ」です。

なぜなら、ミルクチョコのようなカカオと牛乳を混ぜた製品は糖分や添加物、香料が多く含まれているのです。

しかし、チョコレートは必ず食べる量を制限する必要があります。一日40グラム以上食べないようにしましょう。これ以上食べてしまうと、逆に体重が増えたりしてしまうのです。

ワークアウト後のご褒美

大会や長い一日の後には体力を回復するために体は休まなければいけません。

強度が高い運動を長時間行っているとカロリーや栄養を多く消費するので、できるだけ早く補給しなければいけません。

チョコにはこのような要素を補給する上、精神的な疲れも助けてくれます。筋肉、骨、間接や脳の溜まったストレスを開放してくれるのです。

もしかしたら、チョコには「安心」できる成分が含まれているのかもしれません。長いワークアウトの後、チョコを食べることにより、体は一日のルーティンが終わったと感じるのでしょう。

カカオで作られるチョコレート。この食べ物には不思議なご褒美感があります。そんな感覚もチョコとエクササイズを組み合わせる理由の一つでしょう!