カンタロープを食べることのメリット

22 2月, 2019
カンタロープは体に潤いを与え、健康体を維持するのに理想的です。最も食べるべきフルーツのひとつで、今では一年を通して食べることができます。

最も魅惑的なフルーツの一つであるカンタロープ、爽やかで時間を問わずさまざまな方法で食べることができることはご存知かと思いますが、これには多くのメリットがあることを知っていますか?この記事では、そのいくつかをご紹介します。

 

1. 高カリウム

カンタロープには100グラムあたり167ミリグラムのカリウムを含み、バナナのカリウム含有量に匹敵します。このことから、多量のミネラルを消費する人、特にエクササイズを行う人にとって理想的なフルーツです。

加えて、カリウムに富んだ食べ物は次のようなメリットを持っています。

  • 正常な血圧を保ってくれる
  • 便通を良くしてくれる
  • 骨の正しい成長に貢献してくれる
  • プロテインの基本成分でもある
カンタロープ メリット

カンタロープやバナナ以外にも、その他多くの食べ物にカリウムは含まれています。例えば、ジャガイモ、豚肉、プルーン、カリフラワー、みかんや卵などが挙げられます。

成人であれば、カリウムの推奨摂取量は1日あたり3500ミリグラムです。カンタロープで足りなければ、先に挙げた食べ物で必要量を補完しましょう。

2. 減量に役立つ

カンタロープどんな食事にも適した優秀な食べ物の一つです。減量の役に立ち、またその過程を効率的なものにしてくれます。カンタロープの構成するもののうち多くは水なので、非常に低カロリーながら満足感を得ることができます。

こういったことから減量を行いたい人にとって、カンタロープは完璧な食べ物といえるでしょう。食欲を抑えることができ、食事に余分なカロリーを追加しなくてすみます。また、スライスしたカンタロープは間食や小腹が空いた時にももってこいです。

カットしたカンタロープを弁当にするのも良い考えです。簡単に作れ、仕事中、ビーチやプールに出かけた時に楽しめるヘルシーなおやつになります。

3. 便秘に効く

カンタロープは通じをよくする特性を持つことから、消化剤という視点においても興味深い食べ物です。最も自然に通便を促すものの一つと考えられています。

1日にスライスしたカンタローブを数切れ食べるだけで十分、急性的なものや軽い便秘を自然と解消してくれます。

もしカンタロープを食べる理由が通じ薬としての効果があるから、または便秘を終わらせるためならば、朝食時に食べるのが最適です。カンタロープは食べるとすぐに消化されそのまま胃へと送られます。そして、望ましい効果が得られることになるでしょう。

4. 免疫系をまもる

最後に挙げるメリットもまた非常に優れています。ほとんど知られていませんが、カンタロープを食べることで免疫系を保護することができ、病気になるのを防ぎます。

カンタロープを食べることは、風邪やちょっとした病気を防ぐにあたってとても自然な方法です。

サプリメントを飲むよりもバランスのとれた食事をとることを推奨します。カンタロープやブロッコリー、人参、トマトや玉ねぎなどの食材を含むようにしましょう。これらを日々の食事に加えることで、自然な免疫力向上が期待できます。

上記のように、カンタロープには多くのメリットがあり、日々の生活に取り入れたいと思う食べ物です。これらのメリットは免疫系の弱い人や、便秘に悩まされている人にとっては特に重要です。

最後に考慮すべき重要な注意点があります。カンタロープは多くの糖分を含むため、糖尿病の人は注意が必要です。カンタロープを食べてはいけないということではありませんが、1日にスライス2枚を超えないよう、程よく食べましょう。