お腹の脂肪を減らすのに役立つリンゴダイエットの方法

18 3月, 2019
お腹周りの脂肪はすぐに蓄積され、見た目も良くありません。多くの人が悩んでいるこの問題ですが、実は運動とリンゴを使ったダイエットが脂肪を減らすのに役立ちます。

今回ご紹介するリンゴダイエットは、体内をデトックスしながら腹部の脂肪を減らす効果があるおすすめの食事療法です。

結果が現れるまでには時間がかかることがありますが、大切なのは忍耐力です。

本記事では、リンゴダイエットについて知っておくべきすべてのことを、その効果と5日間のメニューとともにご紹介します。

リンゴダイエットが本当に上手く行くのかと疑問に思っている方も多いでしょうが、ここからその効果について詳しく見て行きます。

リンゴダイエットは、必ず毎日1時間の運動を欠かさないようにしてください。激しい運動を行う必要はありませんが、継続して行うことが大切です。食事療法だけに焦点を当てるのではなく、必ず運動と組み合わせることが成功の鍵です。

食事療法と運動が代謝を促進することで、体内で脂肪が燃えやすくなり、これまでによりもより多くの脂肪、特にお腹周りの脂肪が燃える効果が期待できます。

今回の方法が効果的であるという理由の一つが、リンゴの栄養価です。

ご存知ですか?:短時間でより多くのカロリーを消費する運動

リンゴの効能

リンゴは私たちの健康に有益な果物の一つであり、減量だけでなく健康全般に役立ちます。

その中でも重要な働きをいくつかご紹介しましょう:

  • 体内に過剰に蓄積された体液の排出を促進
  • 腸粘膜を保護
  • 血液のデトックス
  • 抗酸化物質
  • 低カロリー

これらの効能からもわかるように、リンゴは健康的な食生活を送るときに重要な役割を果たしますし、一年中手に入る安価な果物です。

こちらもご参考に:基礎代謝を上げるためのコツとアドバイス!

お腹 脂肪 リンゴ ダイエット

5日間メニュー

正しい方法でリンゴダイエットを行うためには、食事のスケジュールを立てる必要があります。

最初はリンゴを多く食べますが、徐々に他の食品を加えてカロリーを増やします。

1日目

朝食

  • リンゴ3個(そのまま、または絞ってジュースで)

昼食

  • ルッコラ、トマト、グリーンオリーブのサラダ、レモン果汁半個分(ジュースまたはサラダにかけて)

夕食

  • リンゴ 1個

2日目

朝食

  • リンゴ3個(そのまま、または絞ってジュースで)

昼食

  • トマトとマグロのサラダ(お好みで少量のオリーブオイルを追加)

夕食

  • リンゴ 1個

3日目

朝食

  • リンゴ 2個(そのまま、または絞ってジュースで)
  • 全粒小麦のトーストと七面鳥のハム

昼食

  • 鶏胸肉のグリルと前述のサラダのどちらか一つ

夕食

  • リンゴ3個
  • スキムミルク

4日目

朝食

  • リンゴ 2個(そのまま、または絞ってジュースで)
  • 全粒小麦のトーストと七面鳥のハム

昼食

  • タラなどの白身魚の切り身とほうれん草
  • デザート用のリンゴ 1個

夕食

  • リンゴ 2個
  • スキムミルク 1杯

5日目

朝食

  • リンゴ 2個(そのまま、または絞ってジュースで)
  • 全粒小麦のトーストと七面鳥のハム

昼食

  • 鶏胸肉のグリルとほうれん草のソテー

夕食

  • リンゴ 2個
  • 新鮮なチーズを入れたサラダ

最後に

今回ご紹介したリンゴダイエットは、一時的なものであり、2週間以上は絶対に続けてはいけません。

このリンゴダイエットは、不健康な食生活を送っているときに、健康な食生活へと移行する「移行方法」として使用するのがおすすめです。

お腹周りの脂肪が落ち始めると、健康的な食生活がどれほど大切かに気づくでしょう。

またこの方法を終えて2週間が経過したら、もう1度行ってリバウンドを予防してください。

ただし、どれだけリンゴダイエットを頑張っても、終わったらすぐに昔の食生活や運動をしない生活に戻っては意味がありません。

魔法のダイエットは存在しないため、お腹周りや体内の脂肪を減らしたいときには、継続して運動を行いながらバランスのとれた健康的な食生活を送ることが大切です。