プロテインシェイクって効くの?

8 3月, 2019
ジムでエクササイズをした後、多くの人がプロテインシェイクを飲んでいます。今回はこのプロテインシェイクの効果効能についてお伝えしていきたいと思います。

プロテインシェイクというと、プロのボディビルダーなどを思い浮かべてしまいますよね。実際、プロのボディビルダーはプロテインシェイクを愛用しているのですが、筋肉のためだけに摂っているのではありません。実は他の多くの目的に役立っているのです。

プロテインシェイクって一体何?

プロテインシェイクは高タンパク質・低脂肪の粉末の栄養補助食品です。運動すると筋肉は傷つきますが、傷ついた細胞はタンパク質によって修復されます。

ではプロテインシェイクはいつ摂ればいいのでしょうか?それは、運動しながら低カロリーの食事をすると1日の摂取カロリーが足りないことがあり、すると筋肉にまで十分な栄養が行き届かないため筋肉が落ちてしまいますので、そういうときにプロテインシェイクは最適です。

プロテイン

体重1キロあたり、およそ8グラムのタンパク質を一日で消費すると推定されています。ただし、定期的に運動したり筋肉量を増やしたい場合は、この量では少なすぎるとも考えられています。これは筋肉を増強したい男性だけでなく、体の調子を整えたい女性にも当てはまります。

プロテインシェイクは、通常の食事では不足しがちなタンパク質を補うのにピッタリです。またプロテインシェイクは、非常にスムーズに体内で消化されるといわれています。

しかし、これは食べ物をプロテインシェイクに置き換えろというわけではなく、逆に必要最低限にとどめるべきです。あくまでも栄養補給として補助的に使うことで優れた効果を発揮するものである、ということを理解しておいてください。

プロテインシェイクを使用するタイミング

体が通常よりも高い量のタンパク質を必要とする時が、朝の起床後と運動後の1日に2回あります。朝は体が休まった後で何も食べていないので、体の中はほぼ空っぽです。健康的な食事をしているとしたら、体内には脂肪や糖分はなく、タンパク質がいくらか残っているぐらいです。

朝食でターキーやチーズ、卵、ツナを食べることができるということであれば、プロテインシェイクは必要ありません。でも時間がない人やきちんと朝食をとるのが難しい人にはプロテインシェイクはもってこいです。バナナやオートミール、またはその両方と一緒にシェイクをすると良いでしょう。

また、1日の中で体がたくさんのタンパク質を必要とするのは運動の直後です。先述の通り筋肉は再生するために、より多くの量のタンパク質を必要としますので、プロテインシェイクがそれを補ってくれます。また減量したい場合、プロテインシェイクは満腹効果をもたらすので、運動後の空腹感を軽減してくれます。

夜に運動した後プロテインシェイクを摂った場合は、朝は飲まなくても大丈夫です。1日中ずっと食欲がない場合は、いずれかの食事をプロテインシェイクに置き換えて、必要なエネルギーを摂取することもできます。ただしこれは、常習化しないように気を付けないといけません。健康を考え、体を常にいたわるように心がけましょう。

どのプロテインシェイクを選べばいい?

市場にはさまざまなブランドや味のシェイクが出回っているので、好みやニーズ、予算によって選べるようになっています。覚えておかないといけない事は、一回の摂取あたりのタンパク質の量をチェックすることです。ホエイから作られるものが最も良いとされていますが、その理由は最大90パーセントのタンパク質を含んでいるからです。

プロテイン

プロテインシェイクを効果的に利用するためのコツとして、100グラムあたり5グラムの炭水化物を超えたものを使用してはいけない、ということがあげられます。またタンパク質は基本的に乳ホエイに由来しますので、本来より多くの脂肪を消費することになります。ですから、脂肪にも特に注意を払う必要があります。炭水化物と同様に、脂肪の量は100グラムあたり5グラムを超えてはいけません。

プロテインシェイクは大変役に立つものですが決して魔法ではないので、誤って使用したり、体重を減らすためのてっとりばやい方法として使用しないでください。長期的な目でプロテインシェイクを取り入れていきましょう。

心身ともに健やかに過ごすために、健康的なライフスタイルを保つということは、日々の努力の積み重ねと忍耐力が非常に重要なのです。