プロテインバーってどんな食べ物?

9 4月, 2019
プロテインバーは普通の食事より低いカロリー量で満足感を味わうことができるので、ダイエットをしている人によって広く消費されています。

アスリートには様々な栄養が必要です。厳しいトレーニングによる消耗が激しいので、効率的な方法でタンパク質などといった特定の栄養素を補給しないとなりません。バランスの取れた食事により摂取することができますが、さらに追加して補う必要がある場合があります。

アスリートのニーズに答えるために簡単で便利な多くの製品が絶えず市場に出回っています。これらの一つにプロテインバーがあり、スポーツを練習したり激しい運動をしている人にとってうってつけの栄養補助食品です。

プロテインバーの利便性

また食事の合間に甘いものを食べたくなった時にプロテインバーは特に便利です。特にダイエット中にはプロテインバーは軽食として理想的です。減量目的で作られているわけではないのですが、ダイエットの手助けをしてくれる強い味方なのです。

しかしながら、プロテインバーがバランスの取れた食事にとって代わるものではないということだけはしっかり覚えておいてください。あくまでも健康的な食事を維持しながら、ダイエットをサポートする意味でプロテインバーを利用すると良いということです。

プロテインバーを食べるタイミングは?

プロテインバー タンパク質

アスリートはトレーニングの後、筋肉の回復と形成を促すためにタンパク質が豊富な食品を摂取することが大事です。しかし運動後にそういった食事をすることが難しい場合はプロテインバーを食事の代用とすることができます。

また運動の前にプロテインバーを食べてもOKです。事前にタンパク質を摂取することによってスタミナが長続きし、筋肉にエネルギーが与えられてパフォーマンスの向上につながります。またプロテインバーを食べてウエイトトレーニングなどの無酸素運動を行うと筋肉量の増加が促進されます。

プロテインバーに使用されている成分

プロテインバーは使い勝手のいい食品ですが、では一体どういった成分が含まれているのでしょうか。使用されている成分がすべて健康に良いわけではないかもしれません。

プロテインバーは基本的にはタンパク質源から製造されています。一般的に使用されるタンパク質はホエイで、大豆よりも使用が推奨されている成分です。ある研究によると大豆は処理過程のために有毒になるとも指摘されています。

他のタンパク質源としてあげられるのは卵アルブミンカゼイン、麻、エンドウ豆、玄米などです。また他にもこれらのバーには、炭水化物、甘味料、脂肪、繊維、香料が含まれています。

かしこい選び方

購入の際にはできるだけ自然な成分を使用しているプロテインバーを選びましょう。タンパク質の含有量が他の原料より大きいことをしっかり確認し、また脂肪分と糖分の少ないものを選んでください。人工甘味料や糖アルコールなどの成分を避けるように注意が必要です。

おやつとしてプロテインバーを用いる場合は、低カロリーなものを選ばないといけません。プロテインバーを食べると1日の総摂取カロリー量が増えることを忘れないでおきましょう。

プロテインバーのメリット

  • タンパク質を素早く補うことができ、食事のバランスを補完できる。
  • 炭水化物や脂肪を摂取するよりも満足度が高い。
  • カロリーの摂取を減らす。
  • 成分によっては血糖値を下げる可能性がある。
  • エネルギーを供給する。
  • 簡単に持ち運びができて便利である。

ホームメイドにチャレンジ

プロテインバー タンパク質

市販のプロテインバーのメリットとして入手と持ち運びが簡単なことがあげられますが、家庭で手作りすることももちろんできます。手作りするとどういった材料を使うのかを自分で把握することができるので安心です。

多くの選択肢がありますが、タンパク質の粉末、ナッツ、ココナッツオイル、ピーナッツバター、ココア、グラノーラ、蜂蜜など天然の素材を使うと理想的なプロテインバーを作ることができます。

簡単にインターネットでいろんなレシピを見つけることができますので、自分好みのものを探してみましょう。パーソナライズされた食べ物を楽しむことができるだけでなく、お金も節約できます。