冷凍保存をすることができる食品について知ろう!

23 4月, 2019
食品を冷凍し解凍するとその過程によっていろいろな特性や品質を失うこともあります。今回はその中で、冷凍可能な食品のリストを上げていきたいと思います。

食感や構造、また解凍方法によって、その食品を冷凍できるかできないか考えることはないですか?

人は食べ物を古代から冷凍し保存してきました。昔は氷床を使っていましたが、現在は冷蔵庫のような冷凍機能を使うようになりました。

冷凍状態では微生物が活動できないため、冷凍によって栄養や品質をそのまま閉じ込めることができます。食品を冷凍するのに最適な温度は0度です。この温度は食物の品質が悪化しない温度で、物質を分解する病原体はこのような寒い環境では休眠状態(不活性状態)になります。これによってどんな食品も冷凍し保存することができます。

一方、食品を冷凍し解凍するとその過程によっていろいろな特性や品質を失うこともあります。今回はその中で、冷凍可能な食品のリストを上げていきたいと思います。

冷凍することができる食品

冷凍保存    食品

ここにあげる食品は一般的に冷凍し解凍するとその品質が落ちてしまうと思われがちな食品ですが、実際はそうではありません。問題なく冷凍し保存することができる食品です。

  • 。人々は卵は絶対に冷凍できないと思いがちですが、事実そうではありません。しかし冷凍する前にある処理を施さねばなりません。卵を冷凍するためまず空を取り除いて下さい。冷凍できるようにコンテイナーにいれ、黄身と白身が混ざるように混ぜます。黄身と白身を分けて冷凍することも可能ですが、必須ではありません。
  • チョコレートチョコレートを冷凍するためにはまず先に冷蔵庫で数時間冷やしておくことが大事です。こうしないと後で食感や香りが失われてしまいます。
  • 牛乳牛乳を冷凍すると、乳清と脂肪が離れるため見た目や食感が変わります。しかしこれで飲めなくなるわけではなく、解凍すると元の状態に戻り飲むことができるようになります。特に低脂肪の牛乳が冷凍には適しています。
  • 肉と魚もし肉と魚を一度冷凍し解凍すると、再度冷凍はできないことは覚えておいて下さい。もし解凍したならば、冷蔵庫に入れて最大で3日保存することができます。
  • 野菜。細かく切り、フリーザーバッグに入れて冷凍することができます。冷凍保存    食品
  • パン。パンを冷凍することは簡単です。一般的に良く冷凍して保存されており、室温では長い時間品質を保つことができないため、すぐに冷凍保存してしまうのです。
  • 小麦粉。小麦粉を腐らせないために、コンテイナーに入れ冷凍すると良いでしょう。
  • バター。バターは脂肪ですが、冷凍することができます。
  • パスタと米調理済みであればパスタと米は冷凍できます。しかし調理した直後の味と解凍後の味が同じではないことはありますが、食感と栄養はそのままで食べることができます。
  • 新鮮な果物簡単に冷凍保存できる食品の1つです。夏場には冷凍した果物でシャーベットやアイスクリームを作ることもでき、健康的なデザートになります。

冷凍した食品はより健康的でバランスのとれた食事として楽しむことができます。お腹が空いていて急いでいたとしても必要な量をコンテイナーに入れて冷凍するため、必要な時に必要な量を解凍して食べるようになるからです。

食品を安全に冷凍しよう

  • それぞれの食品をそれぞれの袋かコンテイナーに入れて冷凍をするようにしましょう。食品を混ぜて入れないようにしましょう。
  • どの食品がどんな下処理が必要か分かって冷凍するようにしましょう。そうすることによって適切に冷凍させることができます。
  • 解凍した食品は再度冷凍させないようにしましょう。
  • 冷凍用のコンテイナーはプラスチックのものがおすすめです。
  • 解凍するときは冷蔵庫に入れて、徐々に解凍するようにさせます。そうすることによって食品の温度が少しづつ下がるようになります。