美味しくて健康的なアボカドペースト

11 3月, 2019
アボカドは最も広く消費されている食品の一つです。その効能からスター食材として扱われ、アボカドペーストをはじめとする数々のレシピに登場します。

ごく最近まではメキシコ料理だけに使われていたアボカドですが、今や全世界に広まった人気の食材です。非常に優れた特性を持つアボカドという果実は様々な方法で食べることができます。

この記事では、そんなアボカドのペーストについてご説明していきたいと思います。このアボカドペーストはパスタに使ったり、また前菜としてクラッカーやトーストにつけて食べるのにピッタリですよ。

 

アボカドがそんなにいいワケとは?

アボカドがブームとなっている国もありますが、それもそのはず、アボカドが持つその天然の性質には、とっても興味深いものがあるんです。試さなきゃもったいないほどのその理由について、迫っていきましょう!

1.スーパーフードである

アボカドにはビタミンA、B、C、Eとマグネシウム、銅、亜鉛、リン、鉄などのミネラルが20種類以上も含まれているため、最も栄養価が高い食材の1つと考えられています。良質の脂質や繊維が豊富で、ナトリウムや炭水化物が少なく、カロリーも高くありませんダイエットフードに向いているんです。

アボカド

2.筋肉のけいれんを防ぐ

アボカドはバナナよりもカリウムが多いことをご存知ですか?カリウム不足になると、筋肉のけいれんだけでなく、血圧や腎臓の疾患をひきおこす恐れがあります。

3.健康によい

アボカドはサラダにしたり、ドレッシングの代わりにしたりしてもおいしくいただくことができます。サンドイッチにアボカドのピューレを少し広げてみれば、栄養があってみずみずしくコクのある、健康的なサンドイッチに早変わりです。ただ健康的なだけではなく、体重を減らしたい場合や、食習慣を変えたい場合にも最適なんです。特に夏には、ランチにもディナーにももってこいの食材となります。

そしてそのクリーミーな食感としっとりとした味わいから、アボカドはさまざまなレシピで登場します。有名なワカモレのほかにも、アボカドのペースト、また、朝食のスムージーに加えたりすることもできます。

4.アボカドがもつ抗酸化成分

抗酸化物質とは食べ物を通して私達が体に摂り入れる要素です。アボカドの場合、その成分としてルテインとゼアキサンチンが含まれています。これらには目の健康を守り、白内障や黄斑変性などの病気を防ぐ役割があります。

また他にもアボカドには、関節炎や癌患者の化学療法の副作用などの炎症性疾患を軽減する作用を持った抗酸化物質も含まれています。

アボカドペーストのレシピ

それではアボカドについていろいろ知っていただいたと思うので、ここでとってもおいしいアボカドペーストのレシピをお教えします。パスタ(できれば全粒小麦)と相性がピッタリですし、また、もっと健康的にいくならセロリやニンジンなどのスティックサラダのディップなどとしてお楽しみいただけます。

アボカド

調理時間はなんとたったの10分です。材料は以下の通りです:

アボカド半分、バジルの葉1カップ、ニンニク2かけ、レモン汁小さじ1、松の実大さじ2、おろしパルメザンチーズ小さじ1、塩、水

アボカドと同じように、にんにくを半分に切ります。真ん中の部分を外して他を使用します。バジル、にんにく、アボカド、松の実、レモン汁をブレンダーに入れます。

ペースト状になるまでブレンダーにかけ、それから、大さじ2、3杯の水、塩少々、そしてパルメザンチーズを加えます。もう一度、軽いクリーム状になるまでブレンダーで混ぜ合わせたらできあがりです。

アボカドペーストのレシピ その2

アボカドペーストにはいろんな作り方がありますが、ここでもう一つパスタにあうレシピをご紹介しましょう。
材料は以下の通りです:
アボカド、ニンニク1かけ、紫タマネギ半分、新鮮なコリアンダー1束、オリーブオイル小さじ1、塩

下準備は、前のレシピとほぼ同じです。アボカドの種を取り除き、玉ねぎ、ニンニク、コリアンダーを刻みます。塩とオリーブオイル、刻んだものすべてをブレンダーに入れます。(塩加減は好みに応じて決めてください。)こっくりとしたクリーム状になるまで混ぜ合わせます。あとはゆであがったパスタにさきほどのペーストを投入して、おろしチーズをふりかけるだけです!とってもおいしいので、ぜひおためしあれ。