ワークアウトのあとに食べておきたいもの

20 3月, 2019
ワークアウトのあとに口にする食べ物は何でも体に効果的だと考えてはいけません。不適切な食べ物を口にしてしまうとすべての努力が無駄になってしまう恐れがあります。

トレーニングのあとは疲れを感じます。体は多くの力を使い、大量の水分とミネラルを消費します。そのためワークアウトのあとの体の栄養補給と回復を助けるために何を食べるべきなのか知っておくことは大切です。

トレーニング後の栄養補給のミスを防ぐため、食べるべき食べ物の特徴を学びましょう。また、ジムから疲れて帰り料理をする気になれない時や、シンプルに時間がない時のために簡単ですぐに作ることができるレシピを紹介します。

 

ワークアウトのあとの食事のベストなタイミング

トレーニングのあとには空腹を感じます。これは体が脂肪の蓄えを消費したり、水分を失ったりすることによる普通の反応です。

ワークアウト後の食事 トレーニング 食べ物 ワークアウト

専門家は、ワークアウトの1時間以内に食事をすることを推奨しています。これはより栄養を体に取り込む体制ができている時間だからです。トレーニングの恩恵を最も受けることを望むのであれば、下記の栄養素をトレーニング終了直後に摂るようにしましょう。

食事はエクササイズと同様に大切です。この2つを同時に重視することを忘れてはいけません。片方を無視してしまうと目標に到達できないのです。

ワークアウトルーティーンのあとに食べるべきもの

トレーニング後にまずやらなければいけないのは水分補給です。水やココナッツジュース、またはアスリートのための特別なドリンクなどを飲みましょう。また、脱水症状を防ぐためにトレーニング中の水分補給も忘れてはいけません。水分が体に戻ったら、次は栄養を摂りましょう。

食事はトレーニングの後の体の回復をより早く、そしてより効果的にします。ここではたんぱく質の摂取が大切です。ワークアウト終了から時間があまり経っていないため体はよりたんぱく質を取り込みやすくなっています。

また、適量のたんぱく質を摂取することが重要です。多くを消費すれば、より良い結果が出ると考えてはいけません。全く逆の結果が出る可能性があります。体はある一定の量のたんぱく質だけを吸収します。そのため、必要量を超えた場合は体重を増やすことになってしまいます。過剰な量を食べるのではなく、満腹を感じる量にすることで、エネルギー回復につながります。

トレーニングのあとのレシピ

上記のように、最も効率がいいのはトレーニング後にたんぱく質を摂取することです。そのため、たんぱく質を多く含んだ食べ物をトレーニング後1時間のうちに食べるべきです。

レシピ ワークアウト後の食事 トレーニング 食べ物 ワークアウト

そこで、簡単ですぐに作ることができるレシピをいくつかご紹介します。これらは目標達成のため、また消耗した体の回復に役立てることができます。

  • ツナサンド。全粒粉で作られたパンを使うことでそこにも恩恵があります。レタスとツナを挟んで完成です。非常に簡単で、午後の間食やジム後のディナーにうってつけです。
  • オートミールポリッジ。数年前までは知られることのなかったこのレシピは今や、多くのアスリートにとって必要不可欠なものになっていますし、好みのフルーツを加えアレンジすることが可能です。
  • 七面鳥の胸肉グリル。このグリルは野菜のソテーに合わせるとジム後のパーフェクトなレシピになります。すぐに作れますし、ヘルシーで、たんぱく質を多く含んだ食事です。
  • エビと卵白のスクランブルエッグ。卵白は最も多くたんぱく質を含んだ食べ物のひとつです。エビを加えることで非常に多くのたんぱく質を含んだ、トレーニング後に必要なお手軽レシピになります。

ワークアウト後の食事はワークアウトそのものと同様に大切です。水分補給と栄養、特にたんぱく質の補給をワークアウト後1時間以内に行うことを覚えておきましょう。上記の簡単レシピを参考に行ってください。