コラーゲンサプリは関節に効果的なのは本当?

25 2月, 2019
今日はコラーゲンサプリについての話をしましょう。コラーゲンとは、適切な関節機能や丈夫な骨組織の維持のためになくてはならないものです。

多くの人々が運動を始める理由に、関節が年齢とともに硬くなり、柔軟性が失われてしまうことが挙げられます。運動をすることで、この体の重要な箇所を自由に動かせるようになり、生活の質を楽しく良いものにしてくれるといったメリットがあります。また関節のために、食事にコラーゲンサプリを合わせる人も多くいます。しかしそれは本当に効果があるのでしょうか。この問いについてお答えします。

コラーゲンとは?

タンパク質の一種で体内で自然に生成されます。皮膚や髪、爪、そしてもちろん関節など、人の体の一部を構成しています。十分な量のタンパク質を摂取しておくことは安定したコラーゲンレベルを保つのに役立ちます。

 

人は体重1キロあたり、1.6グラムのコラーゲンが必要です。例えば体重が60キロの場合、96グラムのタンパク質を摂る必要があります。これはサプリメントもしくは1日を通し高タンパク食を摂ることで達成できます。

サプリメント

骨が痛みに過敏であると、コラーゲン不足なのでしょうか。その場合には医師に診てもらいコラーゲンサプリを摂取すべきかどうか判断しましょう。必要ない場合は卵や豚肉、オックステール、サーモンやタラなど、コラーゲンが豊富な食べ物で、タンパク質の摂取量を増やすこともできます。

コラーゲンサプリは何のためにあるのか

関節が無い場合の人生がどのようなものになるか想像できるでしょうか。体は硬直し、日常生活が困難になります。関節痛に悩まされたり、身動きが取れないほどの怪我をしたことがあるのなら、それが生活にどのくらい影響するのかを理解できるでしょう。

このことからもわかるように、ベストな関節機能を維持することは非常に重要です。同じ理由で、多くの人がサプリメントを摂取します。しかし、コラーゲンサプリはどれほど効果があるのでしょうか?

コラーゲンサプリは100%天然成分作られた、変形性関節症、骨粗しょう症、関節痛や腱鞘炎に対し使用可能な処方薬に該当するものです。従って、サプリの使用にあたって医療専門家のサポートを必要とする場合があります。

年月を重ねるにつれ、関節は怪我や肥満、不健康な生活習慣、座りがちの生活によって摩耗していきます。こうなってしまうと、関節包内の滑液の栄養素は失われてしまい軟骨は劣化、さらには骨同士の摩擦を引き起こします。

コラーゲンは骨同士の間の緩衝となってくれるので、それにより骨の損傷を避けることができます。では体内の天然コラーゲンはどこに存在しているのでしょうか。コラーゲンは軟骨に存在しています。しかし軟骨が正常に機能しなくなった場合、コラーゲンの必要量を補うため、外部資源を頼らなければなりません。ごく最近まで、コラーゲン補給に最良な方法として注射が有名でした。しかし、医療の進歩によってコラーゲンサプリが登場してからは摂取が容易になり、注射の痛みを感じる必要もなくなりました。

コラーゲンサプリは効果があるのか

答えはイエスです研究によってコラーゲンサプリには効果があることが証明されています。しかしこれは万能なものではありません。特に問題を生み出している根本的な原因の解決には長期的な視野が必要です。例えば肥満が関節痛の原因だとすれば、減量する必要があります。座りがちの生活が原因なら、運動療法が必要です。

肥満 コラーゲンサプリ 関節

コラーゲンサプリが天然成分によるものだとしても、医療専門家のアドバイス無しに服用すべきではありません。これには副作用があるのです。

コラーゲンサプリには大抵、ヒアルロン酸やマグネシウムが含まれています。これらは骨、腱、そして関節に別の効能をきたします。それを必要とする場合は医師に相談してみましょう。

運動は関節の強化に役立つことを覚えておきましょう。しかし関節を既に痛めている場合には、直接関節に衝撃を与える運動や器具を使ったトレーニングは避けるようにしましょう。