砂糖の摂取量を減らすことで得られるメリットとは?

28 4月, 2019
砂糖を食品に加えるということは人口的に行う作業であるので、その食品がナチュラルな食べ物ではなくなるということです。健康を守るためには、砂糖の摂取量を減らすことが大事であると考えられています。

砂糖はほとんどの食品に欠かすことのできないものですが、我々は推奨されている量よりもはるかに多い量を摂取しているのが現状です。砂糖の摂取量を減らすことが体に良いことは明白です。だからこそここで今一度、砂糖を摂りすぎると何が体の中で起こるのかということを振り返りながら、どうやって砂糖を減らしていくかについてをお伝えしていきます。

自分が摂取している砂糖の量を自覚していますか?

砂糖を入れることで食べ物はよりおいしく、食べやすくなります。近頃ではスーパーに売っているほとんどの食品が砂糖入りです。

ソーセージなどの食肉製品やスナック、菓子パン類、乳製品にいたるまで、砂糖は事実上すべての食品で使われています。では果たして、我々はこういった砂糖の摂取について普段から意識しているでしょうか?答えは残念ながらノーです。

砂糖 砂糖の摂取量   減らす メリット

砂糖を摂っていたとしてもほとんどの場合我々はそれを意識さえしていません。では一度、自分の生活を振り返ってみてみましょう家の冷蔵庫を開けて、中にあるすべての食品の成分をチェックしてみてください。砂糖が使われているものがどれだけあるかということにに驚くことでしょう。砂糖なんか入っているはずがないと思い込んでいる塩辛い食べ物にさえ使われているのです。

どうしたら砂糖の摂取量を減らすことができる?

いったんどれだけ砂糖が使われているかを知ったら、少しは減らそうと考えるでしょう。食品成分表から見受けられるように、我々が買う食品の大部分に砂糖が多く含まれているという事実、そして食事からそれらを排除すること、あるいは少なくともそれらを減らすことは確実に必要なことであるといえるのです。

砂糖 砂糖の摂取量   減らす メリット

まず砂糖の摂取量を減らす取り組みとして、いつものスーパーで何か買うときは必ず食品ラベルを確認し、砂糖が含まれていないと表示されている食品のみを購入してください。最初はなかなかを見つけるのは難しいと思うかもしれませんし、食料品を買うのに手間取るかもしれませんが慣れて来たらどの食品が適しているか否かがすぐにわかるようになります。

食料品の買い物にかかる金額があがるかもませんが、これは値段に見合った価値があります。確かにお金を使わなければなりませんが体のことを考えると安いものです。またすぐにこの結果が現れるので、あらゆるメリットに気付き始めるでしょう。

砂糖の摂取量を減らしたほうがいい理由とは?

どうして砂糖の摂取量を減らすべきなのかということについて以下にまとめてみました。

  • 減量しやすくなる

砂糖はほとんどの食品の大量のカロリーの原因となっています。ダイエットをしていて体重を減らしたい場合は糖分の多い食品を避けて、天然の糖だけを含む食品をなるだけ摂るようにする必要があります。

  • 肥満になりにくくなる

砂糖はカロリー摂取量を増やすだけでなく、これといった栄養素も含まれません。体に少しのプラスをももたらさず、ただただ太る原因となり肥満の原因の一つとなるのです。ファーストフードにも大量の糖分が含まれていることを忘れないでください。

  • 糖尿病にかかるリスクを減らす

糖尿病は昨今ますます広がりをみせている病気です。糖尿病患者は糖分を摂取せずに食事をすることが困難であることを理解しています。糖分を含まない食事療法はインスリン抵抗性を防ぎます。

  • 過食となる原因を避ける

砂糖は中毒性の高い成分です。ですからお腹がすいたときや緊張したとき、悲しいときに甘い食べ物が食べたくなります。甘い食べ物を避けることでこういった欲求を減らすことができるので、不安障害を抱えている人やダイエットしている人にとって非常に大事です。