シード:種を毎日の食卓に加えてみよう

21 2月, 2019
今回は食卓で楽しめるシードの種類を紹介します。

シード(種)は幅広い性質を持ってます。いろいろな種類がありますし、どの食事にも合わせやすいのが特徴です。また、 腸に優しく、記憶力アップにつながり、ビタミンも豊富です。このように、シードを食べる理由は沢山ありますが、今回は食卓で楽しめるシードの種類を紹介します。

シードを食卓に:サラダ

ダイエットの基本はサラダです。短時間で簡単に作れて健康的です。またカロリー値を極端に上げてしまう食品は避けるようにしましょう。

種子:毎日の食卓に加えてみよう

シードをサラダに加えるのは簡単です。その中でもおススメは、

  • キヌア:サラダにキヌアを加えればヘルシーな食事で満腹になれます。食べる時は、しっかり洗って苦みを洗い流しましょう。レタスやトマトと合わせると、絶品サラダの出来上がりです。ただし、キヌアは吸収力が強いので、油を入れすぎると油を多く吸ってしまいます。
  • カボチャの種:欧米ではよくカボチャやヒマワリの種に塩分を加えスナックとして食べます。しかし、種をトーストしてサラダと一緒に食べる方がより健康的です。サラダに独特な風味がついて、美味しく頂けます。
  • チアシード:シードの中でも人気で、幅広い料理に登場します。便秘で悩んでる方におススメで、ビタミンEも豊富です。

ヨーグルト

ギリシャヨーグルトと低脂肪ヨーグルトは健康的なスナックアイテムです。果物と種子を加えればスーパーフードになりますよ。販売されてる果物入りヨーグルトより、自分で買って切った果物のほうが健康的です。

種子:毎日の食卓に加えてみよう

自分の好みでシードを食事に混ぜてみてください。ちなみに、ヨーグルトによく使われる種類はチアシードとゴマです。

  • ギリシャヨーグルト+キウイとチア:チアの種を大さじ1杯を器の底に入れて、そこにヨーグルトを足し、さらにチアを大さじ1杯加えます。最後に切ったキウイを上に置き、ハチミツを数滴加えれば完成です。
  • ナチュラルヨーグルト&イチゴとアマ同じように、まず種を入れてその上にヨーグルト。切ったイチゴを加え最後にシュガーフリーイチゴマーマレードを少し足して完成です。

シリアルバー

シリアルバーは簡単にシードを食事に取り入れられる方法の一つです。スーパーで購入できますし、自分で作る事も可能です。手作りだと販売されているものより糖分が少ないので、より健康的に楽しめます。その上簡単に作れますい、正しく保管すれば長持ちしますよ。

種 シード

シリアルバーは小腹が空いたときにピッタリなアイテムです。カバンやバッグに入れて持ち歩けますし、お腹が空いたらいつでもどこでも食べれます。午前中におなかが空いても健康的なのでダイエットにも効果的です。

スープ

キヌアスープにすると、シードと野菜を美味しくいただけます。まず、スープに入れたい野菜を軽くソテーします。洗ったキヌアを別のフライパンで数分ほど火を通し、そのキヌアをソテーしてる野菜に加え、ダシを足します。そのまま20分ほど調理して完成です。キヌアの温かいスープの出来上がりです。