スリムダウンと筋肉量の増加に:高タンパク質の食事法

22 5月, 2019
ハイプロテインダイエットと呼ばれることもある高タンパク質の食事法について、詳しく学びましょう。この食事法を始めるべきタイミングと、間違ったタイミングで行なった場合の弊害についても理解することが大切です。

体脂肪を減らしてスリムダウンを目指しながら筋肉量を増やす時には、高タンパク質の食事法がお勧めです。

本記事では、高タンパク質の食事法についてご紹介するとともに、この食事法を健康的に始めるために知っておくべきことをお話しします。

大切なのは医師や栄養士の専門家の指導のもとで、正しい方法でそして正しいタイミングで行うべきです。

間違ったタイミングで行うと、健康に害を及ぼす可能性があります。

高タンパクの食事法とは何ですか?

体脂肪を減らしながらを筋肉量を増やす時には、運動に加えてタンパク質の多い、高タンパクの食事法を行うことがあります。

これは、筋肉を作るのにはタンパク質の摂取をかなり増やすことと、炭水化物の摂取量を減らすことが不可欠だからです。

高タンパク質の食事を実践することにより、運動することよりもはるかに速く筋肉量を増加することができるだけでなく、体脂肪を減らしながら体重を減らす効果があります。

こちらもぜひご参考に:体脂肪を減らす効果的なアドバイス50選

高タンパク質

高タンパク質の食事法が持つ減量効果

高タンパク質の食事法を始めるときに大切な過程がありますが、時間をかけて料理をしたり珍しい食材を手に入れる必要はありません。

高タンパク質の食事を行う一番の利点は、満腹感が持続することです。

  • 朝食時にのみ炭水化物を食べる:高タンパク質の食事法では、炭水化物の摂取が制限されていますが、1日のはじめの食事には、複雑炭水化物などの炭水化物を適量摂取してください。
  • 食事を抜かず、少量の食事を1日5~6回食行う:空腹感を最小限に抑えながら過食を防ぎ、1日を通じて体が必要とするエネルギーを1日を通じて摂取します。
  • それぞれの食事の75%がタンパク質で構成されるようにメニューを組む:朝食の半分以上はタンパク質で構成され、昼食と夕食では、タンパク質を75%に増やしてください。タンパク質は筋肉を構築するための基本的な栄養素です。
  • 水分補給を忘れない:食前、そして食後、水、スムージー、そして天然果汁などで水分を補給してください。体内が必要とするタンパク質を摂取すると同時に十分な水分補給ができます。

こちらもご参考に:炭水化物抜きダイエットって本当に効果あるの?!

タンパク質

高タンパクの食事法の危険性

高タンパク質の食事法とは、炭水化物と脂質の摂取減らしながらタンパク質の消費量を増やすことです。

このタイプの食事法を長期にわたって継続するのは危険です。

そのため、医師や専門家の指導のもとで、高タンパク質の食事法を実施することをお勧めします。

自己判断で始めると以下のような危険があるため注意が必要です。

  • 痛風を発症するリスク:タンパク質消費量の増加は、経時的な尿酸値の上昇を招き、痛風を発症する可能性があります。
  • 疲労:体がその機能を正しく行うためには、あらゆる種類の栄養素が必要です。特に脂質と炭水化物は大切な栄養素なため、これらの栄養素を制限する高タンパク質の食事法は、疲れを感じるリスクが高まります。
  • 腎臓および肝臓のダメージ:大量のタンパク質を摂取すると、腎臓や肝臓がオーバーワークとなりダメージを引き起こす可能性があります。

高タンパク質の食事が非常に危険だと言っているわけでも、絶対に実践すべきだとお勧めしているわけでもありません。

そしてこの食事は「魔法」のような効果を持つ食事でもないため、必ず医師や専門家の指導のもとで一定期間のみ実施してください。

短期間行うことで、理想の体系を達成しながら健康上のリスクを回避することができるでしょう。