「生体インピーダンス法」というものを知ってますか?

14 4月, 2019
あまり知られていませんが、これは体に電流を流し、体の水分量や体脂肪率などを測る方法です。

多くのスポーツ選手などは自分の体の体脂肪率などを気にしてます。体脂肪率を測る方法は多々ありますが、その中でも明確に測れるのが生体インピーダンス法です。正確にどういうものかご存知ですか?

 

生体インピーダンス法とは?

生体インピーダンス法(またはBIA)は機械から電流を流し、体の細胞の反応で脂肪率、水分量などを的確に計測する方法です。

体にはいくつかの組織の分類があり、その中でも電流抵抗が強い組織や弱い組織があります。体脂肪のような「脂肪組織」は電流抵抗が強く、他の組織から目立つのです。この情報で脂肪率などを知ることが出来るのです。

生体インピーダンス法

機械が情報を分析するには他にも年齢、歳、性別、体重などを入力する必要があります。電流を体の中で流す時間なども計算するので、分析された結果の標準誤差はわずか3~5%と言われてます。

「人生は他との勝負ではなく、自分との勝負なのだと気付きました。自分が負けても人生は前に進み、空から何も落ちてくるわけではない。物事には努力が必要だとわかりました。

-作者不明

体脂肪率がわかるので、この方法で体重管理なども出来るのです。ダイエットに励む方にはとても便利なツールですよね。

知っておこう!生体インピーダンス法を使う前に

体重計で自分の体重を測るのと同じように、生体インピーダンス法で測る前にもいくつかの注意点が存在します。

  • 測る24時間前に運動はしてはいけません!運動やエクササイズなどでは筋肉が腫れたりして不正確な結果が出てしまいます。筋肉は電流をよく流しますが、時間が経つとしぼみます。
  • トイレに行く事!膀胱が溜まっているとただ体に余分な水分が溜まっているのと同じで、不正確な結果を作り上げます。
  • カフェインを取らないこと!コーヒーやお茶など飲まないでください。
  • 月経中は測らなように!女性の体内では様々なホルモンバランスの変化が起こります。むくんだり、液体が溜まったり、沢山の変化が起こるんで不正確な結果になります。
生体インピーダンス法

生体インピーダンス法は最も信頼できる体組成計?

生体インピーダンス法で体脂肪を測るにはかなり信頼性が高いですが、さらに的確に体脂肪率を測れる方法があります。それはスキンフォールドテストです。

この方法は専門家の方にやってもらうのが一番ですが、スキンフォールドテスターの測定器を購入することも可能です。この新しい方法は肌をつまみ、つまんだ部分で体脂肪を計算できる仕組みになっています。

ですが、生体インピーダンス法もまた適切に測る事ができますし、低コストで使用できるので人気です。気になったあなたもぜひ一度試してみてください!