セルライトの種類とそれを減らすためのエクササイズ

28 3月, 2019
今回の記事では、セルライトの種類についてご説明しながら、その出現を減らすのに役立つエクササイズをご紹介します。ジムに行ったり、高いお金を使う必要はありません。少しの努力と決意があれば、気になるセルライトの問題を緩和することができます。

セルライトとは血液の循環が悪くなり、脂肪や老廃物が蓄積されて細胞壁が誇張すると起こるものです。

体の様々な場所で起こる脂肪の沈着が、皮膚を通じて現れるときに起こりますが、病気とはみなされていません。

セルライトは体のほとんどの部分に発生する可能性がありますが、もちろん発生しやすい場所があります。

  • 太もも
  • 膝(特に膝の後ろ)
  • 足首
  • 首の後ろ

このため、セルライトを減らすのに役立つエクササイズを知ることが大切です。

明確に分類されるセルライトには3つの種類がありますが、それはセルライトができた場所やそれぞれのケースによって分類されます。

一人の体に異なる種類のセルライトができることもあります。

  • 脂肪型
  • 繊維型
  • むくみ型

今回は、セルライトの種類に関する説明とそれを減らすためのエクササイズを詳しくご紹介しましょう。

こちらもご参考に:体脂肪を減らす効果的なアドバイス50選

脂肪型セルライト

最も一般的なタイプのセルライトで、ゼラチンのような見た目と柔らかさが特徴です。

大腿部や臀部に広範囲に発症する傾向がありますが、痛みを伴うことはありません。

繊維型

固くオレンジの皮のように凸凹するのがこのタイプで、痛みを伴うなどの肌の敏感さに悪影響を与えます。

若い人や筋肉質だった人に起こる傾向があります。

むくみ型

これは最も一般的ではないタイプのセルライトです。

通常は下肢に現れるセルライトで、脂肪型と繊維型の両方の特徴を持っています。

ここからは、セルライトを減らすエクササイズをご紹介します。

セルライトを減らすのに役立つエクササイズ

まず、毎日続けて30分以上の有酸素運動をしてください。

ウォーキングや自転車運動などが良いでしょう。

自転車に乗る女性 セルライト  種類   エクササイズ

有酸素運動に加えて次のエクササイズを週3回行ってください。

1日目

こちらもお試しください:カロリーの燃焼に効果的な5つのエクササイズ

別の日

  • シットアップ(15回を4セット)
  • ゆっくりとした段階的腹筋(10回を3セット)
  • レッグエクステンション(20回を3セット)
  • レッグレイズ(足上げ)(15回を3セット)
  • 横向きのダンベルレイズ(20回を4セット)

 別の日

  • シットアップ(15回を4セット)
  • 横向きのダンベルレイズ(20回を3セット)
  • サイドクランチ(10回を3セット)
  • サイドツイスト(10分間繰り返す)
  • レッグレイズ(15回を4セット)

臀部とヒップのエクササイズ

  • スクワット(15回を4セット)
  • サイドヒップエクステンション(各10回ずつを3セット)
  • サイドレッグリフト(10回を3セット)
  • ヒップエクステンション(10回を3セット)
  • ヒップアブダクション(15回を3セット)
スクワットを行う女性 セルライト  種類   エクササイズ

脚のエクササイズ

  • 相撲スクワット(20回を3セット)
  • デッドリフト:(15回を3セット):バーを手に持ちます。体をまっすぐにした状態でバーを持ちますが、背中をまっすぐに保ったまま、お尻をうしろに出します。背中が床に垂直になるまで前方に傾いていきます。
  • バーベルランジ(各10回を4セット)

結論

セルライトを減らすためには、臀部と太ももの筋肉を強化する運動が重要ですが、それに加えて、健康的でバランスのとれた食生活を維持することが欠かせません。

セルライトが発生した場所に冷水シャワーをかける方法もありますが、セルライトを完全に取り除く方法は、現時点では見つかっていません。