低カロリーの食事を作るための4つのポイント

8 3月, 2019
この記事では低カロリーの食事をつくる4つの方法についてご紹介していきます。ちょっとした工夫によって簡単により健康的で栄養価の高い食事を楽しめるようになるでしょう。

低カロリーの食事を作ろうとしてもなかなか難しいですよね。健康に良い材料を使いたいのに、どうしてもカロリーの高い材料などを加えてしまったり、調理法を誤ってしまったりすることがあるからです。

1.グリルで調理する

まずはフライパンを使用するのをやめましょう。フライパンの代わりにグリルを使うのです。もしお持ちでない方は思い切って購入することをおすすめします。

揚げ物用のフライヤーやフライパンで調理するよりもグリルのほうが速いです。これは油が熱くなるのを待つ必要がないことからきています。グリルを掃除するときは、湿らせた布でさっと拭くだけで済みます。

普段から脂っこい食事をしていると、もしかしたらグリルで調理すると聞いただけで食欲がそそらないかもしれません。でもローズマリー、タイム、オレガノなどのスパイスを使用して調理することでおいしくなりますし、今まで試したことがなかった新しい味つけを開拓してお気に入りがみつかることになるかもしれません。

2.市販のソースをやめて自家製ソースを作る

せっかくヘルシーな食材を買ったとしても、市販のソースをたっぷりかけて食べていては無意味です。これはサラダや肉や焼き魚でよく起こりがちです。でも手作りソースなら安心です。家にあるもので手早く簡単に作れるソースもありますので是非手作りに挑戦してみてください。

低カロリー

手作りのソースは市販のソースと同じように冷蔵庫で保存がきくので便利です。手作りソースだと砂糖やカロリーのことを気にせずに安心して使えます。

これはホットソースにも当てはまります。市販のホットソースには健康によくない小麦粉がベースとして使われていることがあります。もしお肉や魚を食べるときにホットソースを使うのであれば、ぜひ手作りすると健康にいいので大変おすすめです。また、ソースはかける前に温めて使ってみるのもよいでしょう。

3.常に冷凍庫にヘルシーな食べ物を保存しておく

例えば仕事が長引き、家に遅く帰って疲れているとしましょう。そういう時は料理をする気がおこらないので、仕方なしにお弁当などを買ってきたり出前をとったりします。

こういった時用に冷凍庫に常にヘルシーな食べ物を用意しておくと便利です。簡単にさっと調理することができるように、予め料理しておいてもいいし、材料を刻んでおくだけでもかまいません。時間に余裕があるときにいざというときの準備をしておくと後で助かります。

低カロリー

例えば玉ねぎやピーマン、とうがらしを刻んで袋に入れて冷凍保存しておきます。帰宅するのが遅くなって料理する時間がない日にこれらは大活躍です。フライパンにそれらの冷凍された野菜とコップ一杯の水を入れて火を通し、10分たったら卵を2つ割り入れてかき混ぜます。こういったように、時間がないときでもシンプルで手早くヘルシーなメニューをいただくことができます。

4.スプレータイプのオイルを使う

オリーブオイルは地中海料理には欠かせない材料ですが、残念ながらカロリーが非常に高いので常に控えめに使わなければなりません。適量を使用するために、スプレータイプのオイルを使用することをおすすめします。オイル用のディスペンサーは家庭用品のコーナーに売っているのチェックしてみてください。

いったん使い始めると、色んなシーンで使うことができるのでその便利さに驚かれると思います。例えばスポンジケーキなどのケーキ類を作るときにベーキングパンにオイルを塗るのにもやりやすくて重宝します。

以上のように、たった4つの小さなアイデアでより栄養たっぷりで低カロリーの食事を作ることができるようになります。悪習慣を断ち切って健康的にそして豊かな食生活を送りましょう