トマト:低カロリーなスーパーフードの秘密

6 3月, 2019
トマトの出身地はご存知でしょうか?トマトはラテンアメリカ出身で、南米のアンデス山脈からやってきました。

トマトには多くのメリットがあります。トマトは低カロリーなスーパーフードで、数え切れない程の調理方法が存在しますし、簡単に手に入り、世界中で一年中栽培されています。このような多くの特性から、低カロリーなスーパーフードとして名を広げました。

トマトの歴史と豆知識

現在、トマトは世界中で栽培されているですが、トマトの出身地はご存知でしょうか?トマトはラテンアメリカ出身で、南米のアンデス山脈からやってきました。アステカ文明で何百年もの大昔から栽培されていたのです。

大航海時代が始まり、スペイン人がアメリカ州に上陸してトマトの存在を知るようになったのです。16世紀あたりにヨーロッパに持ち運ばれ、イベリア半島を初め、多くの国で使われるようになりました。イギリスでは当初、トマトは毒物だと思われいたそうです。

トマト:低カロリーなスーパーフードの秘密

ですがトマトの人気に火がつくのはその後です。金持ちのなかでは「毒物」と扱われ、実際トマトを食していたのは貧乏人や貧しい人々でした。やがて「トマト=毒」の迷信が解き放たれ、19世紀あたりに健康的な特質が評価され始めました。

トマトの特質

トマトは低カロリーなスーパーフードです。簡単に手に入る食材がこの様な特質を秘めているのにビックリするでしょう。

トマトの特質は、

  • 防御力アップ:トマトは自然薬の一つで病気などの感性を防いでくれます。
  • 回復力アップ:トマトのあまり知られてない利点です。ケガや治療を受けてる方にはぜひおススメです。
  • コレステロール低下:ビタミンCが豊富なため、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を下げてくれます。
  • 利尿薬として活躍:水分と植物繊維が高いため、トマトには利尿薬としての特質があります。体重を蹴らしたい方体液貯留で悩んでる方にはおススメです。
  • 排便管理:植物繊維が多いため、排便を管理してくれます。便秘でお悩みな方にはトマトを食卓に加えてみてください。

トマトには他にも特性があります。眼の健康を維持し、体から毒素を除いてくれます。何種類かのガンも防いでくれるとも言われています。

多方面な食材

トマトは多方的な食材で多くの特質を持ってます。また、低カロリーなスーパーフードでもあります。毎日工夫して食べることができますし、多くの調理方法が存在するのでトマト料理に飽きるのは難しいですよね。

  • サラダ:トマトの最も簡単で有名な使い方でしょう。トマトだけでサラダも作れ、他の果物やレタス、玉ねぎやトウモロコシと言った野菜とも混ぜてもOKです。
  • トマトゼリー:トマトは割と塩分が高いものですが、おいしいゼリーも作れるのです。試したことが無い方には是非試してもらいたいです。
  • トマトソース:多くのレシピで使われてスーパーで買う方が多いですが簡単に自宅でも作れてよりヘルシーです。冷蔵庫に保管して、ピザ、ミートボールやマカロニのために取っておけます。
  • スタッフドトマト:ヘルシーかつ簡単で完璧な料理です。挽肉、ツナなどを詰め込み、生またはゆでて食べることができます。

トマト スーパーフード

トマトは低カロリーなスーパーフード

以上のようにトマトは様々な方法で調理できます。全ての調理方法を示すのは困難なほどですが、トマトの偉大さを分かってもらえたと思います。様々な特性と数え切れないほどの調理方法を持つトマトをあなたの食卓に加えてましょう!