糖分:体への影響とその対策について

13 2月, 2019
我々は必要以上に糖分を取っています。その結果、欧米では体重増加や肥満に悩む方が沢山います。

糖分は我々が摂取する食品のほぼ全てに含まれています。多くの食材に糖質成分が加えてありますよね。食材に元々含まれている糖分にさらに人工的に作られた糖分成分を足している商品もあります。今回はこの人工的に作られた糖質成分が持つ体への影響を見てみます。糖分の取り過ぎには深刻なリスクがあるのでご注意ですよ。

まず体重が増えるという影響がありますが、他にも様々な悪い影響が挙げられます。多くの食材に含まれていますが、糖質制限などで影響力をコントロールできます。さらに、ステビアなどの様な糖質成分の代わりに使える食材も存在します。

体重増加:糖分取り過ぎの結果

糖分を取り過ぎたら真っ先に気付くのは体重の変化でしょう。糖分は炭水化物の一種であり、カロリーもかなり高いです。1グラム約4カロリーですがこれはかなり大きな数字で、体重管理を行うには重要な要素です。

糖分:体への影響と対処について

また、不健康的な食生活によく使われるので、糖分が体重増加の理由の1つとして挙げられることも少なくありません。この様な食品には炭水化物と飽和脂肪酸も沢山含まれています。この三つの要素を足すとカロリー数が爆発的に上がり体重が増える原因になるのです。

疲れ

甘いものを食べるとが出ると感じたこがあると思います。これは子供がおかしを食べ過ぎてはしゃぐのと同じ効果です。

 

しかし、このエネルギーラッシュは一時的なもので、時間が経つと疲れにつながるのです。糖分の取り過ぎは胃に悪く、活動力が低下します。消化時間が長くなったりもしますし、この長引いた消化の影響で体が求めてるエネルギーが回らず、疲れてしまうのです。

糖分:体への影響と対処について

虫歯

糖分は歯の健康に大きく影響します。歯の間に蓄積することでダメージを与え、それが虫歯になるのです。虫歯を放っておくと最悪歯を抜かなければなりません。虫歯は糖質制限の1つの理由なので、余計な糖質成分を取らないように努力しましょう!

食事の後は毎回必ず歯を磨きましょう!歯磨き後はマウスウォッシュを使うと口に残ってる食べかすなどを洗い流せるので、ダブルで虫歯を防ぐことができます。

免疫力低下

疲れてきて力が出ないときも糖分の取り過ぎが原因かもしれません。先ほど糖分の取り過ぎは疲れへ繋がると述べましたが、甘いものを食べ続ければ、体の免疫力にも影響します。

結果、冬など季節の変わり目に風邪や病気にかかりやすいのです。薬で改善するよりまずは食べ物の糖質制限をしてみてください。体の糖分レベルを許容範囲に保ち、年中免疫力を鍛えて風邪が流行る季節に備えましょう。

体がむくむ

あまり知られていない糖分の影響ですが、体の糖質量が多ければむくみに繋がります。脚や腕などがむくみやすい方は甘いものを控えて、利尿作用が多い食品を食べてみてください。

糖分 体への影響

利尿作用食品として有名なのはスイカ、リンゴ、パイナップル、アスパラガス、パパイヤやブドウです。利尿効果の他にも糖分補給の代わりに食べられるヘルシーな食品ですよ。