アレルギーに負けずにエクササイズをするためのポイント

28 4月, 2019
アレルギーがあるけれどもランニングをしたいのであれば、ランニングマシーンを使うのが良いでしょう。室内でも同じ効果が得られるのでおすすめです。

春が訪れると多くの人がいろいろなアレルギーに悩まされます。これによって快適で過ごしやすい生活ができなくなってしまい、エクササイズもアレルギー症状を持っている事で十分に楽しめなくなってしまいます。

アレルギーは無害な物質に対する体の過剰な反応のことを言います。この物質を例えば、吸収したり、摂取、または皮膚接触することで、体に特定の徴候や症状が現れます。ここではアレルギーに打ち勝ってトレーニングを快適に続ける方法について紹介したいと思います。

アレルギー持ちの人におすすめなトレーニング方法

もし花粉がくしゃみを引き起こすならば自然療法である海水スプレーを使うと良いでしょう。鼻腔や気道が詰まるならば自然に開けることができます。

インドアスポーツをするのも外の花粉を吸うことがないため良い案でしょう。家の中でボクシングや武道などのスポーツをすることができます。もっと体を動かすスポーツをしたいのであれば水泳がおすすめです。全身を動かすスポーツで体に効果的です。

アレルギー

アレルギーがあるけれどもランニングをしたいのであれば、ランニングマシーンを使うのが良いでしょう。室内でも同じ効果が得られるのでおすすめです。

花粉が飛んでいても、それでも外でエクササイズをしたいのであれば、携帯電話を忘れず持っていき、草や木々から離れた場所でするようにしましょう。

最適な時間帯を選ぶ

一番エクササイズをするのに良い時間帯は朝の10時から夜の7時の間です。この時間帯が一番花粉の量が少ないからです。この時間にエクササイズをすると花粉に悩まされずにエクササイズを楽しむことができます。

水分補給と栄養

水分補給もアレルギーを持つ人にとっては大事なことです。水分補給をしながら気道を綺麗にし除去する粘膜の量を増やしていきます。

ミネラルとビタミンを多く含む食べ物を食べることも免疫システムを強くし、ある特定の季節に起こるいろいろなアレルギー症状に打ち勝つことができます。

目を保護する

サングラスをかけてエクササイズをすることもアレルギー症状を抑えることができ、効果があります。こうすることによってトレーニング中に起こる目のかゆみを防ぐことができます。エクササイズの後はすぐにシャワーを浴びて鼻を洗ってください。これによって体から花粉をとり、その後に起こりうるアレルギー反応も防ぐことができます。

着る服を花粉がない状態に

服の繊維についた花粉を取るため帰宅したらすぐに服を洗うようにして下さい。こうすることで家にいる時も花粉に悩まされなくなります。

ある特定の季節にアレルギーに悩まされているならば、その原因は花粉イネの花粉の可能性が高いです。まずは何が原因なのかをしっかり特定し、医師の正しい処方に従って予防用の吸入器を使用するようにして下さい。

アレルギーを抑える食べ物

アレルギー

アボカド:アボカドは抗炎症作用があり、喘息、血液循環を促し、またその殺菌効果により、アレルギーによって弱った呼吸器官によってかかる風邪などを防ぐ効果があります。

アンティチョークアレルギーの季節に体の免疫力を強める働きがあります。

玉ねぎ:ケルセチンと呼ばれる物質を含みます。このフラボノイドはヒスタミンの生成を抑え、炎症を起こしている時は血液中の白血球とロイコトリエンの数を減らしてくれます。

キャベツ抗炎症作用と、抗ヒスタミン作用があります。

ターメリック:この根菜はクルクミンを含み、これはプロスタグラジンを防ぎ抗炎症効果があります。

アスパラガス:この春の野菜は体の浄化作用と調子を整える効果があります。またアレルギーを抑える成分、ビタミンB、カリウムと亜鉛を含んでいます。

生姜:根菜である生姜はそれに含まれるオイルにより抗炎症作用があります。また辛味のため鼻づまりを防ぐ効果があります。

キュウイ:豊富なビタミンCと、ヒスタミンの放出を減らす効果があります。これにより炎症、体液貯留、貧血を防ぎます。

レモン:豊富なビタミンC、クエン酸、ヘスペリジンとビタミンPを含みます。これらによって、レモンは抗炎症作用と免疫システムを強くする効果があります。

ナッツ類オメガ3、オメガ6と行った脂肪酸を多く含み、またマグネシウムも豊富です。炎症作用で起こるアレルギーを防いだり緩和したりします。

かぼちゃ:かぼちゃの鮮やかなオレンジ色は、βカロチンとプロビタミンAを含むことで作られます。これらは免疫システムを強め、呼吸器系粘膜がアレルギー症状により弱まることを防ぎます。

脂ののった:オメガ3と行った脂肪酸を多く含み、炎症を抑えます。タンパク質を摂取できます。

コショウ:ビタミンCを含み、もし辛味があるものであればカプサイシンが豊富です。これらは抗炎症作用、鼻づまりを防ぐ効果があります。

パインアップル:ブロメラインが豊富でこれは抗炎症タンパク質の消化を助けるタンパク質分解酵素です。また抗ヒスタミンのビタミンCも豊富に含まれています。