汗をかいたら体重は減るの?

31 1月, 2019
汗が排出されると熱が発生し、体温が下がります。また汗をたくさんかくのは熱があるとき、また湿気が多いときで、その人の身長、体重、体調、体質などによって汗をかくスピードは異なります。

気温が暑いときに汗をかくのは体が自然に反応するメカニズムの一つです。体が体温を一定の温度に保とうとする働きで、汗腺に脳が刺激を与え、汗腺が汗を排出するのです。

人々は汗をかくと体重が減ると考えています。エクササイズをするとき、人々は色々な服を着て体を動かしていますよね。汗をたくさんかくために、厚手のものを着たり、色々なアクセサリーを身につけたりしています。

しかし、この考えは間違っています。毒素を出したり、カロリーを消費するなど、汗をかくこと自体はとても良いことですが、体重の減少には直接関係がない事が明らかになっているのです。

この記事では、なぜ汗をかいて痩せてはいけないのか詳しく説明をしたいと思います。

汗をかく現象について理解する

汗が排出されると熱が発生し、体温が下がります。また汗をたくさんかくのは熱があるとき、また湿気が多いときで、その人の身長、体重、体調、体質などによって汗をかくスピードは異なります。

汗 体重 減る

体の大きな人は通常汗かきです。これは多くの脂肪を冷まさないといけないからで、健康的な人は効率よく体を冷ます事ができ、運動するときの循環が良いです。

汗は通常、水、糖、塩分、そして老廃物が含まれます。エクササイズの後、汗をたくさんかいたときに体重が少し減ることはありますが、これが汗をかくと体重は減るといった間違った考えを引き起こしています。

実際、この体重の減少は一時的です。これは体から水分が減っただけで、一時的な脱水の状態なので、健康状態が悪化しないためにも、すぐにこの脱水状態を解決しなければいけません。水を摂取する事で、体重も元に戻るので「痩せる」というわけではないです。

汗をかくと体重が減る?

体の脂肪は汗をかくこと自体では燃焼されません。脂肪は体を動かすと酸化され、エネルギーとして使われます。エクササイズをすればするほどたくさんのエネルギーを必要とし、細胞からたくさんの脂肪が必要とされます。

このように、汗をかくことと脂肪の燃焼には全く関係が見られません。激しい運動をすると、体温が上がり、汗をかくメカニズムが働きます。これには多くのエネルギーを必要とし、このエネルギーを必要とするため、体は脂肪を燃焼していきます。

ですので、汗をかくことは、直接脂肪の燃焼には繋がらず、汗を排出するメカニズムを活性化させるために、体のエネルギーが脂肪を燃やしているだけなのです。

そういうわけで、汗をかく、というトリックを使って体重を減らすことは難しいです。

汗 体重 減る

過度に汗をかくことは危険

汗をかくことで簡単に体重が減るのであれば、真夏にウールのコートを着て、暑い日差しの下に立っていればいいだけですよね。しかし、実際これは全く効果がありません。

暑い環境で運動をしたり、厚着して脂肪を燃焼させようとする人もいます。しかし過度に汗をかくと、脱水症状を引き起こすので大変危険です。

脱水を起こした筋肉は怪我を起こしやすくなります。これは筋肉が縮みやすいからで、この状態で運動をするとダメージを受けやすくなります。

脱水を起こした体は体温の上昇に耐えられません。なので運動の前後、または最中にしっかり水分を補給することが必要です。

また、運動の時に摂取する飲み物の量も重要です。そこまでひどくない脱水でも、めまいと頭痛をを引き起こしたりします。重度の脱水はもっと深刻で、時には病院行かなくていけないケースもあります。

このように、汗をかいて体重を減らすのはやめるべきです。

バランスのとれた食事と適度な運動が一番安全で効果的な方法だと言えます。これを忘れず、健康的な生活を送るようにしましょう!

  • Sawka, M. N., Burke, L. M., Eichner, E. R., Maughan, R. J., Montain, S. J., & Stachenfeld, N. S. (2007). Exercise and fluid replacement. Medicine and Science in Sports and Exercise. https://doi.org/10.1249/mss.0b013e31802ca597
  • Coyle, E. F. (2004). Fluid and fuel intake during exercise. In Journal of Sports Sciences. https://doi.org/10.1080/0264041031000140545
  • Godek, S. F., Bartolozzi, A. R., Peduzzi, C., Heinerichs, S., Garvin, E., Sugarman, E., & Burkholder, R. (2010). Fluid consumption and sweating in national football league and collegiate football players with different access to fluids during practice. Journal of Athletic Training. https://doi.org/10.4085/1062-6050-45.2.128