バランスのとれた朝食を:一日を始めるための食事

3 2月, 2019
朝食は一日を始める上で非常に大事な食事です。また、健康バランスをよく考えた食事を取るのがポイントになります。

朝食は一日で最も重要な食事です。睡眠をとって長い時間食事をしていないので、体に一日をスタートさせる力が必要になるのです。今回は、朝すっきり食べられる食品を三点紹介します。

今回紹介するバランスのとれた朝食はすべて15分以内に用意できるので、時間がなくて朝食抜きの生活をしている人にもぴったりですよ。

 

ヨーグルト&シリアル、ナチュラルジュースとバナナ

これは様々な栄養を取り込んでる食事です。果物、乳製品と穀物の三群、そしてビタミンや食物繊維が含まれています。お腹いっぱい食べたい方にはおススメです。

バランス・ブレックファスト:一日を始めるための三食

果物とシリアルがこの食事のポイントで、低脂肪ヨーグルトとシリアルを混ぜ合わせます。最もヘルシーなのは食物繊維が多いホールグレインシリアルとオークフレークです。仕上げにブルーベリーを加えると最高ですよ。ブルーベリーは冷凍のものを買って、毎日少しずつ使うのがベストでしょう。

またヨーグルトと一緒にオレンジジュースなどを飲むと最高です。ジュースはナチュラルジュースを選ぶほうがヘルシーですが、自分で作る事も出来ます。

最後にバナナなどの果物も一緒にどうぞ。朝食としてはボリュームが多ければ、おやつとして取っておくこともできます。季節に合った果物をチョイスするのが良いでしょう。

アボカドトーストと卵

二つ目に紹介するのはタンパク質が沢山含まれているトーストです。誰でも食べれますが、特に活動的なスポーツ選手などにおススメします。

バランス・ブレックファスト:一日を始めるための三食

まずはトースト二枚とアボカドを用意します。アボカドを器に入れ、レモン汁と塩を少し加えてペースト状にかき混ぜます。量は自分の好みでいいですが、入れすぎに注意しましょう。

トーストにアボカドペーストをぬり、半分に切ったゆで卵を上に置きます。朝は時間が無い時が多いのであらかじめ卵を茹でておきましょう。卵を茹でるには約10分かかります。

また、フレッシュジュースと一緒に摂取するのも良いです。オレンジジュースが飽きてきたら、他の果物を使って自分で作るようにしてください。

フルーツサラダと豆乳

最後のオプションは乳糖不耐症の方にオススメです。乳製品の多くを食べることが出来ず、食事に制限がされていても、おいしい朝食を食べることは可能なのです。

バランス 朝食

メインはフルーツサラダで、冷蔵庫から選んだ果物を細かく切って完成です。オレンジを半分ほどを絞ってサラダをさらにジューシーにすることも可能です。酸っぱい場合は砂糖などを加えてください。

大事なのは自分で作ることです。スーパーなどで買う袋詰めの果物はあまり栄養バランスが良くないですし、缶詰のフルーツも糖分が高いのでおススメできません。

サラダと一緒に豆乳などを飲むのが良いでしょう。またはアーモンドミルクやライスミルクもおススメです。乳糖不耐症な方でも色々と工夫して食事を楽しんでください!