チューニングとバルクアップ:分けてやるべき理由

1 5月, 2019
長期間フィットネスを行うのであれば、筋肉のチューニングとバルクアップは必ず行う必要があります。それはなぜでしょうか?

ジムに行く目的がチューニング(筋肉を調整すること)なのか、それともバルクアップ(筋肉を増やして体を大きくすること)、どちらにせよチューニングとバルクアップは分けて行うべきです。

スポーツ愛好家の多くはチューニングとバルクアップの大切さを知っています。それぞれの目的に応じて、毎日適した運動、様々なエクササイズを行います。しかし、どちらがどのように大事で、どう運動すれば効果的かを知っている人は多くありません。

最初に、チューニングとバルクアップ、それぞれで行うことは何なのでしょうか?バルクアップは、体の筋肉を増やしたい時に行います。筋肉を鍛えるので時間がかかりますし、チューニングを行う前にすることです。

チューニングは通常6から8週間かかり、鍛えた筋肉ををさらに目立たせるために行います。続けて行うと、必要以上の脂肪を燃やし、以前鍛えた筋肉を落としてしまう可能性があります。チューニングとバルクアップは重要ですが、一緒に行わないことが重要です。

チューニングとバルクアップ、どうしてどちらも重要か?

長期間フィットネスを行うのであれば、筋肉のチューニングとバルクアップは必ず行う必要があります。それはなぜでしょうか?

2つの運動を取り入れるかどうかは、あなたがしようと思っているフィットネスのレベルによります。これから紹介するフィットネスプランを行う時は自分の体脂肪率を知ってから行うようにしましょう。

もしあなたの体型が細身ならば、バルクアップを先に行い、余分な脂肪を落とすことが優先です。結果的に体には引き締まった筋肉がつき体脂肪が少なくなります。

反対に、体脂肪が多いなら先に脂肪を燃やすことから始め、バルクアップを行うと良いでしょう。

もし、反対から始めてしまうと、思うような結果は得られないでしょう。それには2つの理由があります。1つは、筋肉を作る期間に必要とされる食事は不必要な脂肪を体につけさせてしまいます。2つ目は、通常より長い期間のチューニング期間が必要だからです。

チューニング バルクアップ

体脂肪率を測ること

体脂肪率について詳しく知るためには管理栄養士などの専門家に聞くのが一番です。そうすることによってどのフィットネスプランが最適なのかも知ることができます。最近は数分間で体脂肪率を知ることのできる機器も開発されています。

一般的に、男性の体脂肪率は15%が望ましく、女性は22%以下が良いとされています。

チューニングとバルクアップの違い

この2つの運動の2つの主な違いは、食事と有酸素運動です。また運動の仕方も様々ですが、ここでは、2つの運動の違いについてもう少し詳しく見ていきたいと思います。

食事

バルクアップの時には筋肉を作るためにプロテインを摂取します。炭水化物と脂肪(少量)も、エネルギーを作るため必要です。筋肉のため高カロリーの食事をする、というイメージがあると思います。

しかし、最近は炭水化物と脂肪を徐々に減らしていく傾向にあります。燃焼しないと脂肪に変わってしまうので、過度に食べない傾向にあります。

有酸素運動

チューニングをする時は有酸素運動が重要です。脂肪を減らし、筋肉に挟まれた脂肪も軽減できます。

バルクアップの時は1週間に1から2回軽い有酸素運動をする必要があります。反対にチューニングの時は、かなり強度の運動を週に3、4回行う必要があります。

チューニング バルクアップ

運動

バルクアップの時は筋肉の肥大を目的としています。言い換えると、筋肉の繊維を切って成長するように、重い重量でのワークアウトをした方が良いです。各運動ごとに、8から10回繰り返して行うと良いでしょう。

チューニングの時は2つの意見が挙げられます。1つ目は徐々に重くせずに同じ重量でワークアウトをすると、筋肉を調整するのに良いということです。

2つ目は、少し軽めの運動で繰り返し、たくさん行うのが良いということです。こうすることで、より引き締まった筋肉が作れ、筋肉を適度に調整できます。

最終的に筋肉をさらに調整するには繰り返しだけでなく、変化をつけることが必要です。一般的に、脂肪を燃焼させるために、2セット、3セットというようにセット回数をもっと増やしたり、混ぜたりすることが必要です。

チューニングとバルクアップは同時にはできません。これは、食事と運動という点で互いに逆に作用するさまざまな変化が起こるからです。そういうわけで、それぞれの段階で目的を考え、それに合ったエクササイズを心掛けましょう。