どのくらいの頻度でトレーニングの内容を変えるべきか?

31 3月, 2019
時にはトレーニングの内容を考え直し、変えるてみることが必要です。ではどれくらいの頻度で変えるべきか今回の記事を読んで参考にしてみて下さい。

たまにはトレーニングの内容を変えてみると新たな効果が見られます。こうすることでモチベーションや高いパフォーマンス力を保つことができるでしょう。いつしか体は同じエクササイズや強度に慣れてしまいます。今日から日々のエクササイズに変化を加えてはどうでしょうか?

トレーニング内容を変えることは、ただエクササイズに慣れてしまったとか、エクササイズに飽きてしまった、そういったことへの言い訳ではありません。体は今のエクササイズに慣れてしまい筋力も限界を向かえてしまいます。

このような理由から、時にはトレーニングの内容を考え直し、変えるてみることが必要です。ではどれくらいの頻度で変えるべきか今回の記事を読んで参考にしてみて下さい。

トレーニングの計画はどれくらいの頻度で変えるべきか?

ジムではトレーナーが毎日のトレーニングメニューを考え、その日に何をすれば良いかスケジュール考案を助けてくれると思います。例えばあるときは上半身を鍛え、ある時は下半身、またある時はカーディオ、といったようにです。自宅でエクササイズする時もジムで行なったことと同じようなエクササイズをすると思います。

トレーニングの内容 エクササイズ 変化

よくある質問は、いつのタイミングでトレーニング内容を変えるべきなのか、また変えた時と変えない時の結果はどうなのか、ということです。

トレーニング計画を定期的に変えることは、筋肉の成長のためにもとても大切です。

いつも同じトレーニングをすると、筋肉は「成長」しません。いつも同じ重さであったり、同じ強度で行なったりしても筋肉にはそれ以上鍛えられることはありません。

毎日のトレーニングに筋肉が慣れてしまわないように工夫することはある意味難しくもあります。それは、大きくても小さくても各自の目標を達成し鍛えた体を維持するためにはある程度の時間が必要だからです。ここでエクササイズに飽きてしまったり疲れてしまったりして、トレーニングをやめてしまうこともあります。

各自それぞれ違ったペースと目標があります。トレーニングの好き嫌いの話ではありません。

ある人は毎日楽しく同じエクササイズをしています。これは体が覚え、学んだから行うのです。

またある人はトレーニング内容を定期的に変えないと同じ動きに疲れて飽きてしまう人もいます。これは避けるべきで、楽しく運動できないとエクササイズをやめてしまう大きな原因になってしまいます。

各自の目標によってトレーニング内容の変更をする

ここでは具体的にどのくらいの頻度でトレーニング内容を変えるべきか、その答えは述べることができません。それは、あなた次第だからです。何を達成したいのか、目標としたものの結果を得れているのかをいつも考えてエクササイズすべきだからです。

トレーニングの内容 エクササイズ 変化

例えば、あなたの目的が両足の脂肪を減らすことだとするとトレッドミルやバイクを毎日1時間するでしょう。最初始めた段階では何かしら体に変化があると思います。しかしある時、それ以上変化が見られなくなります。

この場合あなたは、目標とした部分の脂肪を燃焼させるため、今までのエクササイズに取って代わるものを探さなければなりません。スクワットか、ランジ、またジャンプロープなどです。これらの動きを行うと両足はもっとエネルギーを使うこととなり効果が現れるはずです。

反対に、筋肉を作るためジムに通い、最初はダンベルを使って運動し、上腕二頭筋や上腕三頭筋を鍛えたいと思うはずです。しかしずっと同じ重さでエクササイズし続けると、筋肉はそれ以上成長しなくなるでしょう。

筋肉を作るという目標を達成するために、あなたはより重い重量に変えて変化をつけてエクササイズをするべきです。たとえトレーニング内容が同じでも、重量はいろいろ変えることができます。筋肉はもっと使われなければならず、これによって結果的に大きく成長していきます。

最後にトレーニング内容を変えると、使うのを忘れていた筋肉をも鍛えることができます。そしてエクササイズは徐々に強度を増すべきで、これによって他の筋肉も鍛えることができます。

またジムに通う方があっていれば、ジムを変えてみるのも1つの方法です。あなたが同じジムに通う人より難しいエクササイズを行なっているならば、競争相手がおらず、それ以上上のトレーニングをすることが難しくなります。

ジムに行ってもっと自分に挑戦し、今日のトレーニング内容もぜひ変えて行ってみてください!