ゴムバンド:効果的な運動グッズ!

31 1月, 2019
ゴムバンドは簡単に使うことができますし、ヨガからピラティスなどいろいろなエクササイズに役立つアイテムです。

あまり時間がない方には効果的な道具グッズがオススメです。また自宅で運動したい方たちにも人気で、体形を維持するのにも、筋肉を鍛えるのにも便利なゴムバンドは最近注目のアイテムです。

ゴムバンドはヨガやピラティスなどの運動でよく使われ、一般的なスクワットのようなエクササイズでも活躍します。このような基本的エクササイズもゴムバンドによりさらにパワーアップするのです。

何より、ゴムバンドは財布に優しく1000円ほどで安く購入することができます。また、簡単に持ち運びができるので、どこにでも持っていけますよ。

ゴムバンド:体全体をワークアウトする

ゴムバンドは背筋、腕、腹筋と胸筋、そして脚や肩も鍛えられます。普段ジムで鍛える筋肉をより効果的に鍛えられます。

ゴムバンド:効果的な運動グッズ!

ジムのトレーナーさんはケガから復帰した人や、長い間運動してない人へ、リカバリーアイテムとしてオススメしてます。

ゴムバンドを購入する際は、とても丈夫で、自分の体力に合ったものを選ぶ必要があります。また、使用前は不具合などが無いことをよく確認しましょう。

 

シットアップ

まずゴムバンドを地面または地面より少し高い場所に結び付けてください。ヨガマットまたはカーペットの上で仰向きになり、頭をゴムバンドが結ばれてる方に置いてください。

膝は曲げて、三角形を作ります。その際、かかとや指先を上がるのを出来るだけ避けましょう。

そして、ゴムバンド(ハンドルがあればハンドルを持ちましょう)を両手で掴み、手のひらを下に向けて、腕を伸ばします。腕は常に伸びた状態で維持しましょう。

ルーティン

  • ゴムを伸ばしてる時は、手が膝と同じ高さになるようにしましょう。膝より高く手を上げるのが理想です。
  • この体制を3秒間ホールドしてください。
  • そのまま、ゆっくりスタートポジションへ戻ります。
  • 10レップのセットを4回繰り返します。
ゴムバンド

二頭・三頭筋

二頭筋三頭筋はよく鍛えられる箇所です。そして、ゴムバンドで鍛え上げることも可能ですし、次のエクササイズは立ったままも出来ますよ。

二頭筋ルーティン

  • 脚は肩幅ほどに広げます。
  • ゴムを踏み、両端をしっかり掴みます。
  • 手のひらを前に向けます。手を握り、腕一本でキレイな直線に構えます。
  • 腕を動かさず、肘を45度まで曲げます。ゆっくり下げ、スタートポジションに戻ってワンレップです。12~15回のレップを3、4セットをしましょう。

三頭筋ルーティン

  • 右足でゴムの端を踏みます。
  • 踏んでない方を右手で持ちます。
  • 左足を一歩前にセットしてください。
  • ゴムは地面から(直角に近いほど)斜めに伸びるようにしましょう。
  • 腕を出来るだけ上へ伸ばします。
  • 肘を前腕と二頭筋に触れるまで曲げましょう。
  • これを12~15回繰り返します。
  • 左脚、左腕も同じ動きです。
  • 片腕ずつ3,4回のセットをしてください。