1日1万歩:攻略する為の4つの方法とは?

22 1月, 2019
一万歩の定義は人々が運動を日常化させるための良い動機付けとなっています。現在医学的に勧められていることは、1日30分歩くことです。連続的に1万歩を行うか、少しづつ歩数を分けて毎日行うことで、必ず目標は達成できます!

あまり運動している意識は生まれないかもしれませんが、十分な運動量を保つには1日一万歩歩くことがオススメです。1日1万歩歩くことで健康が促進されることは間違いありません。

1日一万歩が良い体型を保つために推奨される最低限の運動だと言われていることを知っていましたか?1日にこんなに多くの歩数を歩くのかと、達成するには困難に思えますが、今回はあなたの時間を効率的に使い、1日一万歩を攻略するための簡単な方法を4つご紹介します。

なぜ1日一万歩なのか?

この1日一万歩という目標設定は60年代の日本で生まれました。この時、医者であった波多野氏は、日本人の肥満傾向について危惧していました。

日本人の毎日の日常生活を調査した時に、成人がおおよそ1日に3,500から5000歩程歩いているとわかりました。そして、毎日成人がどれほど歩けば健康なのか、その歩数を調査する研究を始めたのです。

彼の調査結果は、1日1万歩歩くと平均500カロリーを消費するというものでした。そして、肥満体型の成人でこの運動を試すと、劇的な体重の減少が見られました。これは日本の人々が肥満傾向から抜け出せる答えにもなるものだったのです。

1964年に東京でオリンピックが開催された時、人々の健康維持に関して運動の重要さが再議論されました。この時、彼は1万歩の歩数計である「万歩計」を考案し、発表したのです。

彼の歩数計は、現在のスポーツ界で使われている運動器具の先駆者とも言えるものです。これで1日一万歩が全世界に知れ渡るようになったそうです。

1日1万歩

1日一万歩は体型を保つために十分な歩数なのか?

これは皆さんが知りたいと思っている疑問ですね。一万歩は、人が体型を保つため1日に最低限行わなくてはならない運動だと言われています。

この数字はもちろん各個人の新陳代謝の値によって変わってきます。例えば、初老の人が1日1万歩歩くのは多すぎます。特に骨格などの病気を患った人が行うにはやり過ぎです。

さらに今回のトピックは、最低限のカロリーを消費する基本的な運動ということです。1日1万歩による体重の減少はゆっくりで、負荷の強い筋力トレーニングにはなりません。あなたが求めていることが、筋肉を作ること、また急激な体重の減少であれば、1日一万歩ではなく、違うエクササイズを取り入れましょう。

しかし、一万歩の定義は人々が運動を日常化させるための良い動機付けとなっています。現在医学的に勧められていることは、1日30分歩くことです。連続的に1万歩を行うか、少しづつ歩数を分けて毎日行うことで、必ず目標は達成できます!

1日一万歩を攻略する4つの方法

・1時間毎の歩数を最大限増やすこと

現代社会は時間に追われています。ですので、1日一万歩の目標を達成するための最短の方法は、1時間ごとに最大限歩数を稼ぐ、ということです。言い換えると、良い結果を生むために速いリズムで、効率よく、そして長期的な活動を行うということです。

・勤務時間に歩行すること

自由時間が少ない社会人は、一万歩を勤務時間に終わらせてしまうことも知恵です。この目標達成にためには、1日8−9時間の勤務時間の中で、平均して1時間に1200歩は歩く、ということです。実際、1時間の内、15分間は歩く時間に費やしてみてください。

・3つの時間に歩数を分けること

この方法は健康的にも良いですし、心を落ち着かせるための時間も持つことのできる理想的な良い方法です。しかし、過度の運動は、逆に健康を害し、また認知パフォーマンスを減少させるので注意してください。

日々の目標達成のため、毎日の運動を3つの時間に分けることができます。1つは朝早い時間、もう1つは午後の時間、最後は夜の時間です。この方法によってあなたの新陳代謝を1日中活発化させることができますし、運動したいという意欲も湧いてくるでしょう。3つに分けた時間の中で、集中して運動する時間を20分もち、その時間内に3,000から3,500歩歩いてみましょう。

・犬と一緒に歩くこと

1日1万歩

犬を飼っている人はより健康的であるという研究結果があることを知っていましたか?さらに感情のバランスを保つににも効果的です。犬を飼っている人は是非この時間を有効活用してみてください。

自信がない人や体が弱い人は、1日一万歩に挑戦する前にまず医師の診断を受けてみてください。またバランスのとれた食事も体重の管理にとても重要だということをお忘れなく。