家にある椅子を使った自宅で行う簡単なエクササイズ!

9 4月, 2019
椅子を使ったエクササイズを行うことで、複数の筋肉を鍛えることができます。例えば、腹筋、腹部や上腕二頭筋などです。ぜひ挑戦してみてください。

家でエクササイズをしたい時に新しくジムを作る必要はありません。家にある椅子を使えば、十分なエクササイズを始めることができます。

多くの人がジムに行ってエクササイズをする時間がある訳ではないので、家でできたらいいのにと思っている方も多いでしょう。今回は、そんな家にある椅子を使ってできるエクササイズを紹介したいと思います。必要なのは椅子だけなので簡単に行うことができますよ。

家の椅子を使ったエクササイズ

椅子を使ったエクササイズを行うことで、複数の筋肉を鍛えることができます。例えば、腹筋、腹部や上腕二頭筋などです。ぜひ挑戦してみてください。

レッグリフト

椅子を使ってレッグリフトをするためには、まず椅子に座り、片足の膝を胸に付くまで曲げます。この動きを片足ごとに10回繰り返し、その後両足で10回行います。このエクササイズでは腹筋部分を鍛えることができ、消化を助け、脂肪燃焼の効果があります。

体の柔軟性も改善してくれますし、関節を強め、姿勢の矯正にもなります。もっとエクササイズのレベルを上げるためには腹部をひねるとより効果が見られます。

ロシアンツイスト

椅子の前の方に座ってください。そして腕は椅子の肘掛けに置き、両膝をあげていきます。これだけで腹部を鍛えることができます。この姿勢を保ち、腰を右にひねり、また次は左に、これを10回づつ繰り返します。そして各サイドのひねりが終わったら30秒休憩します。

もしこの体勢を維持できなかったら、体をひねった方向に膝を曲げても構いません。膝は少しあげるだけで大丈夫ですのでこれを繰り返します。右左で30回繰り返して、これを10セット行います。

トータッチ

椅子に座り、背中を伸ばしたまま体を前かがみにして左手で右足のつま先を触ります。これを右手でも行い、30秒休みます。腹部をひねることも忘れないでください。

傾斜した腕立て伏せ

壁に背を向けて椅子を置きます。椅子の前の床に座り、椅子に手を置いて上腕二頭筋を使い体を上げていきます。3回このエクササイズを行い、10回繰り返します。各繰り返しの前に30秒休んでください。

椅子 家 エクササイズ

もっとハードなエクササイズにしたい場合は重りを腰に巻いて行うのも良いです。腹筋を鍛えることがこのエクササイズの目的で腹部にある他の筋肉にも効果があります。

立って行うサイドクランチ

椅子をに向けて置き、椅子を支えにして片手を置き、もう一方の手を伸ばし、また右足も同時に伸ばします。この時、腹筋を引き締めるように意識します。

最初の数回これを続けると、5秒から10秒くらいしか体勢を維持できないと思います。しかしエクササイズを続けることで慣れてきて、長く続けることができるようになります。

レッグレイズ

椅子に両腕を置きます。片足を伸ばし、これを10回繰り返します。この時、足は地面につけないように伸ばしたままにしてください。休憩し、もう片方の足でも行います。これを3回繰り返します。このエクササイズを行うことで腹部を鍛え、セルライトを取り除区ことができます。

椅子 家 エクササイズ

足を椅子に置いた状態でのクランチ

足首を椅子の上に置いて仰向けで床に寝転び、体をひねり腹部を持ち上げます。可能な限りこの動きを繰り返し、3セットは少なくとも行いましょう。

ニーリングレッグエクステンション

椅子の背に膝まづき、両腕を椅子の背もたれに置きます。腹筋をひねり、臀部を伸ばして、片足を後ろに伸ばし、15秒この姿勢を保ちます。伸ばした足を元の位置に戻し、もう片方の足でも同じ動きをします。最低でも10回づつ繰り返し、3セットづつ行います。

このように、家でも十分エクササイズができ、ジムに何時間も通う必要がなくなります。10分から15分程毎日これらのエクササイズを行うことで、驚くほどの結果が得られるでしょう。ぜひ試してみてください。