身体に良い習慣を作るための10のポイント

21 2月, 2019
時には自分の運動や生活の習慣を見直す必要があります。日々の習慣を変えることで、良い結果を得ることができるでしょう。

目標にどれだけ近づいているかを考える瞬間があると思いますが、現在までの結果を評価したり、目標を再設定したり、必要に応じて習慣を変えることも大切です。習慣を変えることの究極の目的は、健康で幸せな人生を送ることなのです。

心を落ち着ける

ライフスタイルの変化は劇的である必要はありません。実際、日々の小さな変化で身体に十分な効果がみられます。

なにより継続と忍耐が鍵です。また望みの結果を得るには上手く調整していかなければなりません。さらに習慣を変化させるとき、モチベーションを維持し、諦めないことが大切です。

習慣を変える:少しの変化が違いを生む

日々の習慣を変える前に、2つの質問に答えておきましょう。

  1. なぜ習慣を変えたいのか
  2. どんな結果を望んでいるのか

これらが明確になると、どんな変化をしたらいいのかがわかりやすくなります。これは、新しい何かを加えたい場合にも今までの習慣を改善したい場合にも当てはまります。

習慣の変化

1.目標のリストを作成する

目標を(紙かデジタル)に書き出し、頻繁に修正する必要があります。また、これらの目標は変えられるし、変えることは悪いことではないということを覚えておきましょう。

2.1日のアクティビティを前日の夜に計画する

日々の運動とは、より大きな目標を達成するための小さな目標だと言えます。毎朝起きた瞬間にやることが決まっているとシンプルで行いやすいですよね。時間を有効に使えますし、気が散るのを防ぐことができます。

3.余裕をもって計画を立てる

計画にないアクティビティもまた、目標達成に大切な役割です。よく定義された「全体目標」と「部分目標」の両方を持っていなければなりません。

もし目標と日々のタスクを決めたら、自発的なアクティビティのために余裕を持っておくことも大切です。

4.運動をする

人間の身体は動かすように設計されています。新たな運動の習慣を始めることは、まず初めにする習慣の変化の1つでしょう。特に座りっぱなしの生活の人は運動を加えるといいでしょう。

習慣を変える:運動 身体に良い習慣   ポイント 目標

運動は身体的な面だけでなく、様々な効果をもたらしてくれます。高い自尊心、慢性的病気のリスク低減、セルフイメージの向上など心理的にも好ましいのです。

5.運動をしすぎない

運動のし過ぎが身体に悪いという科学的な根拠はありませんが、多くのフィジカルトレーナーによると、1週間に150分の運動で十分だと言われています。過剰にこの時間を超えると、身体に疲労が溜まり、慢性的な怪我をする可能性があります。

6.バランスのとれた食事

日々の食事の中に、幅広いタンパク質と栄養を含めましょう。極端な食事は避けましょう。食べなさ過ぎて1日中空腹でいることもよくありません。「バランスの取れた」とはこのような究極にいってしまわないような食事を意味します。

7.食事の時間をとる

忙しい中で食事をとる習慣は健康に良くありません。食事の時間には、座って食べていようといまいと、消化活動は行われます。急いで食べることはあまり好ましくありませんし、重大な病気に陥ってしまうこともあります。

8.水分補給をする

水を十分飲まない人は、水分補給を習慣づけましょう。「水は命」というフレーズは単なる誇張表現ではありません。水分が不足していると、人間の身体は正しく機能しなくなってしまいます。

身体に良い習慣   ポイント 目標

9.塩分を摂りすぎない

栄養に関するもう1つの重要なポイントは塩分の大量摂取は、現代社会で最も多い病気の原因の1つだということです。メキシコなどの国では、過剰な塩分摂取が公衆衛生問題として扱われています。その害は幅広くありますが、肥満と高血圧が代表例です。

10.睡眠のスケジュールを大切にする

身体には休息が必要です。睡眠はエネルギー補給に必要不可欠です。質の高い睡眠は体力回復させ、肥満や不安障害を予防できます。