高たんぱく質食生活:痩せて筋肉を付けろ!

12 9月, 2019
高タンパク質な食生活には様々なメリットがあります。

筋肉のディフィニションを高めるため無酸素運動を行う方々は食生活の大切さを理解しています。高タンパク質な食生活は多量のタンパク質を取り入れることを示します。より早く筋肉が成長します。今回は高タンパク質な食生活をご紹介します。

筋肉成長に役立つ高タンパク質食生活の利益

筋肉の構造の多くはタンパク質で作られていますが、この食生活は他に骨、筋肉、皮膚と髪の治癒を促進する効果があります。

タンパク質が持つ体への影響は他にもあり、内臓や細胞間のコミュニケーションを改善します。そのおかげで体のホルモンバランスが維持できるのです。

高たんぱく質食生活:痩せて筋肉を付けろ!

また、体が十分にタンパク質に満たされると、酵素がより活動的に働きます

どのように筋肉が高タンパク質食生活で成長するのか

筋肉量を増やすのには秘密などはありません。毎日決まった目標に向かっていれば自然に付いてくるのです。なので決まった筋肉群を順番に鍛えることにより均等に体中の筋肉を鍛えられます。そのための器具や重りを使うとより早くその目的に近づけます。

筋肉を鍛えるには強度が高いものが効果的です。10レップを3セット達成するのが最低限の要件です。10レップを5セット行うのが一日のリミットとなります。

高タンパク質食生活は体が有酸素運動で弱ったりしないための食生活でもあります。トレーニングの前と後にタンパク質がたっぷり含まれている食事を取るのが大事です。傷ついた筋肉繊維をより早く修復してくれます。

トレーニングした筋肉はしっかり二日ほど休ませることです。休むことにより筋肉は傷ついたり破れたりしないで成長できます。テクニックと体の管理は自分が求める結果を得るために必須です。

徐々に初め、アドバイスをもとめる

初心者などはまず先に専門家と相談することをおススメします。体を働かせすぎたり間違ったエクササイズをしてしまうと、目標達成の妨げとなります。

またエクササイズの「段階」は一つ一つしっかり行うことです。準備運動は、有酸素運動を始める前にしっかり行うのが大切です。エリプティカルマシンやランニングマシンで準備運動を行うのはベストな選択です。

このように段階を追うこととと、根気強く続けることで、自分が求める結果にたどり着けるでしょう。

高タンパク質食生活は誰でもできるもの?

どのような食生活とも同じく、しっかり責任をもって行うべきです。筋肉量増加、また体重減少を目指すものは栄養士の指導を受けるべきです。さらにこの食生活は果物のような糖分と脂肪質を制限します。

高タンパク質食生活ではタンパク質が多く含まれている食事を取ることです。肉類、乳製品、卵や野菜はこの分類に入ります。これらをバランスを考慮して食べると、体重の激減を防げます。

高たんぱく質食生活:痩せて筋肉を付けろ!

タンパク質と体重減少のつながり

この食生活は糖分と脂肪質をほぼ除くので体は他の体力回復方法を探ります。体は最も脂肪質が集まっている部分から糖分・脂肪を集めます。数日で体重に変化が出てくるでしょう。

高タンパク質食生活は基礎代謝を上げ筋肉量増加を達成します。タンパク質が体の多くのカロリーを消費します。タンパク質を取り入れれば取り入れるほど代謝が上がります。

この食生活のポイントは、タンパク質の影響で増えたエネルギーをHIITや無酸素運動で筋肉の発達に回すことなのです。

  • Nascimento da Silva, Z., Azevedo de Jesuz, V., De Salvo Castro, E., Soares da Costa, C. A., Teles Boaventura, G., & Blondet de Azeredo, V. (2014). Effect of the “protein diet” and bone tissue. Nutrición Hospitalaria. https://doi.org/10.3305/nh.2014.29.1.7000
  • Palomba, S., Giallauria, F., Falbo, a, Russo, T., Oppedisano, R., Tolino, a, … Orio, F. (2008). Structured exercise training programme versus hypocaloric hyperproteic diet in obese polycystic ovary syndrome patients with anovulatory infertility: a 24-week pilot study. Human Reproduction (Oxford, England). https://doi.org/10.1093/humrep/dem391
  • Rugeles, S., Villarraga-Angulo, L. G., Ariza-Gutiérrez, A., Chaverra-Kornerup, S., Lasalvia, P., & Rosselli, D. (2016). High-protein hypocaloric vs normocaloric enteral nutrition in critically ill patients: A randomized clinical trial. Journal of Critical Care. https://doi.org/10.1016/j.jcrc.2016.05.004
  • Larsen, T. M., Dalskov, S.-M., van Baak, M., Jebb, S. A., Papadaki, A., Pfeiffer, A. F. H., … Astrup, A. (2010). Diets with High or Low Protein Content and Glycemic Index for Weight-Loss Maintenance. New England Journal of Medicine. https://doi.org/10.1056/NEJMoa1007137