メディシンボールを使ってエクササイズをしてみよう!

19 4月, 2019
ダンベルやバーベルは筋トレルーティンに使える道具の一つですが、筋肉の発達に役立つ道具はそれだけではありません。メディシンボールもその道具の一つなのです。

メディシンボールには様々な大きさと重さがあり、どのようなトレーニングにも使えて便利な道具です。初心者でも簡単に使えますし、ジムでも使えます。

メディシンボールを使って、より強度が高いエクササイズをしてみませんか?今回はメディシンボールを使った筋トレエクササイズを紹介したいと思います。

 

メディシンボール エクササイズ トレーニング

パートナーと一緒にトレーニングする時など、この道具はたくさんの方に使われているでしょう。また、メディシンボールは体力も鍛えてくれます。

当たり前な事ですが、道具を使ってトレーニングをする時は必ず注意して行いましょう。このトレーニングは熟練者でも体力を激しく消耗します。しかし、その分効果が現れやすいでしょう。

メディシンボールは鉄などで作られているわけではありませんが、ケガすることは十分あるので覚えておいてください。

メディシンボールのいろいろな使い方

先ほど述べたように、メディシンボールは大きさや重さなど多種多様です。筋トレの重りとして使ったり、体を支えたり、投げたり転がしたり使い方も様々です。

その多様な使い方のおかげで日々の体の動きを真似した運動や動きがとれます。ものを持ち上げる、運ぶ、投げるなどの動きです。

もちろん重ければ重いほど体力を使って持ち上げなければいけません。安定性が乱れますが、それが逆に体のバランス感覚を鍛えるのです。

メディシンボールを使ったトレーニング

様々な筋肉を鍛えることが目標なら、次のようなトレーニングを行うといいでしょう。

ボールを壁に投げる

クロスフィットをしている人達は慣れている運動だと思います。体力とパワーを養いながら、カロリーも同時に消耗できるエクササイズです。

このエクササイズでおしり、大腿四頭筋、もも、胸筋、三頭筋や肩を鍛えられるのです。

ボールを投げるだけではなく、正しく投げるテクニックなどで筋肉を安全に鍛えられるのです。

バーピー

普通のバーピーとの違いは、メディシンボールを持ちながら行うことです。体を下げているときに、ボールを間に挟みます。

普段なら両腕で体をさせますが、ボールを使って支えるのでバランスが非常に不安定になります。この不安定さで体の「コア」を鍛えられるのです。、腕、胸筋や脚を鍛え、同時にたくさんのカロリーを燃焼できるでしょう。

メディシンボール エクササイズ トレーニング

フロントブリッジ

これはブリッジをちょっと工夫したエクササイズで、メディシンボールを使って行います。両手をボールにのせてバランスをとり、負荷の強いエクササイズにするのです。通常両手は地面に着けますが、ボールでバランスをとるため、バランス感覚が乱れて余分に筋力を使います。そうすると、胴体を鍛えるのに役立ちます。

メディシンボールを使ってジャンピングジャックス

中くらいのメディシンボールを使ってカロリー燃焼と筋力強化をしてみましょう。両手でボールを掴み、脚はいつものジャンピングジャックスの動きです。上半身・下半身を同時鍛えられる優れたエクササイズです。

メディシンボールを地面に投げる

このエクササイズも上半身・下半身の筋肉を同時に鍛えます。腹筋を強く引き締め、力強くメディシンボールを地面に投げつけます。

腕立て伏せ

このトレーニングは主に胸筋、三頭筋と「コア」を鍛えます。また、同時にカロリー消費にも効果的です。片手でボールを地面に押し付けながら普通の腕立て伏せのように上げ下げを繰り返します。

このように、メディシンボールを使った筋トレやエクササイズはたくさん存在します。また、この中のいくつかを混ぜて行ってみたり、調子が悪い時に軽い運動としても役立ちます。