縄跳びの特性

16 6月, 2019
どのスポーツや運動をしていても、縄跳びをすることにより体力と持久力を鍛え、自分の体の機能を知ることができます。縄跳びをすることで全面的なパフォーマンスアップにつながるのです。

縄跳びは最も単純で簡単に体を鍛えることができます。縄跳びの大きな利点は普通の運動と違って何処でも楽しめることです。

縄跳びは最近人気を上げてきました。セレブも一般の人も幅広く多くの人がチャレンジしています。ですが縄跳びの特性とは一体どんなものでしょうか?

トレンド:ジャンプロープ

最近、縄跳びを世界中のセレブたちが毎日のルーティンに加え始め、その結果も抜群です。

アメリカの歌手、ケイティー・ペリーはそのセレブの一人です。縄跳びをしていても運動をしている、という感じがしないところがよいと彼女は言っています。

縄跳びの特性

縄跳びは子供のレクリエーション活動として親しまれていますが、時代の流れが原因なのか、現代では以前ほど行われていないそうです。それでも最近は、縄跳びの健康的な面が世界中で評価されるようになってきて、見直しされてきています。

2~3日に一度、楽しく一回30分程度するるだけ体に変化が出てくるでしょう。

縄跳びの特性や利点

カロリー消費

膨大なカロリー燃焼が縄跳びの一つの特性です。なので、体重を減らしたい方にはおススメです。

一分間で10カロリーを消費できます。なので30分間運動すれば、約300カロリーを消費できます

縄跳びの特性

全身を鍛える

縄跳びのもう一つの利点は体を一気に鍛えられることです。最も複雑な運動の一つで、上半身と下半身を同時に鍛えられます。

体を常に動かしてることにより、全ての筋肉が働き刺激されます。その結果、より多くのカロリー燃焼につながるのです。

有酸素運動

体を常に動かし、全ての筋肉を鍛え同時に心臓の機能も改良できます。

多くの科学者はこのような運動を高く評価しています。なぜなら激しい体の動きでより多くの酸素が体を循環するからです。

体を引き締める「トーン」

縄跳びは体の筋肉を引き締めることができます。このような運動は体重管理に優れたものです。筋肉を鍛え、引き締めてくれます。

コーディネーション能力アップ

縄跳びはコーディネーション能力を上げたい方におススメです。なぜなら縄跳びは全身を使い、躓いたり転んだりしないために精神を使うからです。また集中力とバランスも改良します。

持久力アップ

持久力を上げる運動の一つは縄跳びです。体を常に動かす縄跳びは必要な持久力を鍛えます。

より快適

縄跳びの特性の一つは楽しいことです。リズムがあり、いつものエクササイズルーティンのアクセントとなります。また効果的な運動なので結果も抜群です。最近人気が出てきてる理由の最も大きな一つでもあります。

 

縄跳びの難点

いくつかの難点、欠点も存在します。なのでケガをしないためにしっかり把握するのが大切です。

膝問題

ジャンプをひたすら繰り返すので、膝に着地の衝撃で負担がかかります。関節、または膝が弱い方にはおススメできません。

縄跳びの特性

また体重オーバー の方にも注意点があります。医師やスペシャリストと相談してから行うのが一番です。また、正しい靴を選ぶのも大事です。

筋肉増加はできない

縄跳びは筋肉量を増やしたい方には理想的ではありません。筋肉を付けたい方は筋トレを行う方はより効果的です。

縄跳びには多くの健康的な特性があります。複雑な運動でありながら体中の筋肉を鍛え、持久力や体力アップにも繋がるのです。