パスタサラダ

28 6月, 2019
夏の暑い時期にパスタサラダを食べるのは良い考えでしょう。ヘルシーなだけでなく、さわやかでレシピも豊富です。

パスタサラダは夏の間に最も人気のあるメニューの一つです。ヘルシーで、用意するのも簡単で、その上バリエーションも豊富です。この美味しい料理の良い点をお伝えし、おススメのメニューを2つご紹介します

パスタサラダの良いところ

パスタは多くの活用法がある食品で、それだけでもメインになるし、副菜としても重宝します。たんぱく質、炭水化物、脂肪および糖分が含まれています。ビタミンB群とK群も摂ることができる上、ラザニア、カネロニ、マカロニなどメニューも豊富です。

パスタサラダ

パスタサラダを作るときに重要なのは、カロリーが低めの材料を選ぶことです。そうでないと、せっかくのパスタサラダが健康的なメニューではなくなってしまいます。同じ理由で、市販のドレッシングもおすすめできません。もしドレッシングを使うなら、ライトなものや、自家製の物を使いましょう。

パスタサラダに加えるおススメの食品は以下のとおりです。

  • 野菜。トマトやレタスはサラダの定番材料ですが、パスタサラダにも最適です。野菜には多くの特徴がありますが、それに加えて、余分なカロリーを摂らずに空腹を満たすことができるので、とても良い選択でしょう。
  • 発酵食品または酢漬け。オリーブ、ピクルス、チャイブまたは他の物でも、サラダの良いアクセントになります。食物繊維、ビタミン、そしてミネラルを含み、数キロ減量したいと思っている肥満や太り過ぎの人には、健康的なスナックになります。
  • チーズ。実はどんな食品でも和えることができるのが、サラダの良い点です。乳製品はまさにその良い例です。ただし、チーズは慎重に選びましょう。チーズの種類によっては、脂質やカロリーがかなり多く含まれるものもあります。
  • 魚。ツナのような魚は、サラダと相性抜群です。ランチやディナーの一品料理にもなります。さらに、健康的なたんぱく質や脂肪を摂ることもできます。

ブロッコリー入りパスタサラダ

パスタサラダは、私たちが慣れている伝統的な食べ方ではなく、新たなブロッコリーの食べ方を提供してくれます。しかも、このサラダにはトマトとチーズも入れるのでまさに完璧です。レシピを紹介しますので、ぜひこのオリジナルブレンドをお試しください。

パスタサラダ

2人分の材料:

  • くるくるパスタ100グラム
  • ミニトマト56グラム
  • ブロッコリー56グラム
  • チーズ42グラム
  • ブラックオリーブ
  • オリーブオイル

作り方:

  1. このオリジナルで美味しいサラダを作るには、まず鍋2つにお湯を沸かし、一つはパスタ、もう一つはブロッコリーを茹でます
  2. ミニトマトを半分に切り、チーズをさいの目に刻みます。
  3. くるくるパスタと切ったブロッコリーをボールに入れ、チーズ、トマト、オリーブを加えます。オリーブは必ず最後に加えます。
  4. サラダの味付けには、一つまみの塩、オリーブオイルと少しの酢を振りかけます。

きゅうりと軽いソースのパスタサラダ

おススメする2つ目のパスタサラダは、カロリー軽めのサラダです。きゅうりは主に水分なので、カロリーがある材料はパスタだけ。味付けには、どんなサラダにも使えるフレッシュチーズをベースにした軽めのソースを使用します。

パスタサラダ

2人分の材料:

  • くるくるパスタ140グラム
  • きゅうり2本
  • クリームチーズ大さじ1杯
  • 酢大さじ1杯
  • オリーブオイル
  • 無脂肪乳

作り方:

  1. まずパスタを茹でます。食べる頃にパスタが冷めているように、前もってパスタを茹でておいて、十分な時間を取りましょう。時間がない場合は水で冷ましてもいいですが、風味は多少損なわれます。
  2. 次にきゅうりをさいの目に切り、ざるに入れて塩を振り、しばらく置いておきます。水分が出てくるので、下にプレートを置いておきます。30分後、きゅうりを洗って苦みを取り除きます。
  3. ドレッシングを作るには、クリームチーズ、塩、オリーブオイル大さじ2杯を混ぜ合わせます。混ざったら、無脂肪乳を好みのとろみになるま少しずつ加えます。
  4. 最後に、サラダをドレッシングで和えて、お皿に盛りますツナ、フレッシュチーズ、オリーブ、カニカマをトッピングするのもおすすめです。