初心者TRX:ベストエクササイズ

9 2月, 2019
スクワットは定番なトレーニングなので誰もが知ってるでしょう。TRXを使うとスクワットのフォームを正し、もっと滑らかな動きを実現できます。

ジムでは頻繁に新しい器具やエクササイズ、そしてルーティンが入ってきます。今回は最近流行りのTRX(サスペンショントレーニング)のエクササイズを紹介します。

初心者TRX:エクササイズ

「トレーニングロープ」と呼ばれ(業界ではTRXと呼ばれる)様々な動きで幅広いエクササイズが出来ますし、鍛え上げたい部分をピンポイントで鍛えられるのです。

これは最近ジムに通い始めた初心者へ是非おススメします。一回で全身の筋肉を鍛えることができますよ。

1.スクワット

スクワットは定番なトレーニングなので誰もが知ってるでしょう。TRXを使うとスクワットのフォームを正し、もっと滑らかな動きを実現できます。

初心者TRX:出だしのベストエクササイズ

ロープの前に立ち、両手でロープを掴んで膝を曲げてゆっくり体を下げて行います。コツを掴んだら、片脚、ジャンプしながら、など少しずつ工夫するのもOKです。

2.プリ―チャーカール

TRX初心者(上級者も)のエクササイズはいつものジムエクササイズとさほど変わりません。例えば、プリ―チャーカールでは二頭筋だけではなく背筋も鍛えられます。

ロープの前に立ち、両手でロープを掴み、腕を伸ばしながら体を少し前かがみでホールド(体と地面が斜めになるほど)。次に腕をまげ、拳を顔にちかずけ、元に戻します。

3.ランジ

ランジは下半身を鍛えるエクササイズです。先ほどと同じ体勢でスタートしますが片脚は後ろにセットして体をサポートします。膝に力を入れ、右膝を地面に近づけます。

初心者TRX:出だしのベストエクササイズ

ロープの補助で体を少しずつ引っ張り上げて、左脚を後ろに下げれば、レップ1回カウントしてください。

4.チェストプレス

ロープの前に立ち、両手でロープを掴みます。少し下がってから前かがみに体を傾けます。地面と水平に近づけるほど難易度が上がります。

両腕を前に伸ばし、肘に力を入れて体を手の高さまで下げます。イメージとしては「空中で行う腕立て伏せ」を想像してください。

エクササイズ TRX サスペンショントレーニング

5.マウンテンクライマー

この技は少し慣れるのに時間がかかるかもしれません。しかし、慣れれば簡単ですのでいつものエクササイズと一緒にやってみてください。まずロープを自分の後ろに回し、膝と手を床につきます。ロープの持つ部分を脚の甲に引っ掛けます。もしかしたら、誰かに手伝ってもらう必要があるかもしれません。

次に体を持ち上げ、脚を伸ばします。右膝に力を入れ、胸あたりまで上げます。左脚も同じ動きを繰り返します。一つの脚に力をいれている時、もう片方の脚はしっかり伸ばしていましょう。この山を登るような動きから「マウンテンクライマー」の名前がついたと言われています。

6.三頭筋プレス

腕を鍛えるTRX運動ですが今回は膝と足の指先は地面につけておきます。両手でハンドルを握り、腕を胸の前に伸ばします。ゆっくり肘に力を入れ、体も同時に前かがみにします。その際体は地面から斜めになるはずです。