体液貯留を予防する方法とは?

30 1月, 2019
長い間座ることを避けましょう。もし仕事で長く座らなくてはならないならば、1時間毎に足を伸ばしたり、歩いたりして休憩するようにしてください。

体液貯留は、足首、足先、また両足のむくみを引き起こします。また水分の貯留により、毒素や異物が溜まるので炎症をさらに悪化させてしまいます。

また体液貯留はよく女性が抱える問題です。何故ならば、体液貯留は更年期、妊娠、また生理の副作用として起こるからです。さらに、水分が貯留してしまうと肝臓や腎臓、そして心臓にも悪い影響を与えてしまいます。

またこれは不健康な食習慣からも起こります。この記事では体液貯留を防ぐ方法を詳しく紹介したいと思います。

体液貯留を防ぐ食べ物

水分と電解質を多く含む食べ物、特に果物と野菜はお勧めです。

毎日コップ8杯の水を飲むようにしましょう。もし水をたくさん飲む事が難しいようであれば、ノンシュガーのジュースか、ハーブ類の飲み物を飲んでも構いません。水にシトラス果汁を少し入れて、風味をつけて飲んでも大丈夫です。

体液貯留

塩分摂取を控える。料理に少量の塩のみを使うようにしましょう。また塩ではなく、ハーブや他の薬味を使用するのが良いでしょう。

可能な限り砂糖を多く含んだ食べ物の摂取を控えましょう。

プロテインを多く摂取するようにしましょう。もしこの栄養が食事で取れないとアルブミンが減ります。これにより細胞間での水分の蓄積を起こしてしまいます。

紅茶、またハーブティを飲むと排尿効果があります。

炭酸やカフェイン、また精白糖を含む飲み物は飲まないようにしましょう。

体液貯留を防ぐ自然療法

・可能であれば毎日体を動かすことをお勧めします。少なくとも30分は行うようにしてください。運動すると血液循環がよくなり、凝血を防ぎます。

・また散歩や自転車などの運動も効果的ですが、一番お勧めなのは水泳です。負荷の少ない運動で、足首、足先先、両足に不必要な負担がかからない運動です。

体液貯留

・十分な休息をとることも体液の貯留を防ぎます。

それに加え、長い間座ることを避けましょう。もし仕事で長く座らなくてはならないならば、1時間毎に足を伸ばしたり、歩いたりして休憩するようにしてください。

・体に合わない、きつい服は着ないようにして下さい。それとたんぽぽを煎じて飲むと、利尿作用とや抗鬱の効果があるのでオススメです。この花は、四肢に起こる炎症を軽減させる働きと、溜まった水分を取り除く作用があるのです。

・体液貯留で悩んでいる人は、そのたんぽぽ茶をコップ3杯を毎日飲むようにして下さい。また、痛む手足に直接タオルに当てるのも効果的です。

エプソムソルトをお風呂に入れて使って下さい。これは足首と、他の四肢の腫れを減らす、最高の療法です。塩は血液循環を良くし、腫れを抑える作用があります。

カップ1杯のエプソムソルトを温かいお風呂に入れ、15分間体を湯につけます。もし腫れが足首と足先だけならば、お湯とエプソムソルトを混ぜたものを小さなボールに用意し、そこに足を20分間つけます。

アロエを使うのも効果的です。体の内側にも外側にも効果があり、この植物の効果は下肢の保水を防ぐ抗炎症作用と予防作用が特徴的です。

アロエの果肉をジュースや水と一緒にスプーン2杯分食べます。またアロエを、直接腫れた箇所に塗っても大丈夫です。

足先と両足をマッサージします。マッサージはリラックスし、血液循環を良くし、体に溜まった不純物を取り除く作用があります。心臓に向かって優しく、しっかりマッサージしてみましょう。

抗炎症作用のある純オイルであるミント、ユーカリ油、レモン、ラベンダー、といったオイルを使ったマッサージも体に効果的です。