顔ヨガってなに?表情筋をリラックスさせよう

19 12月, 2019
顔ヨガ(フェイスヨガ)とは古代から伝わるヨガをとりいれた、体と心のバランスを保つための健康法です。

顔にはたくさんの筋肉があり、それらを若々しく保つためには常に刺激をあたえ続けないといけません。ただの美容的な処置ではなく、顔ヨガは表情筋をリラックスさせます。

顔の表情というのは心の状態を表す鏡のようなものです。幸せを表したり、怒りを表したり、そして時には疲れを表現します。

顔ヨガの効果

  • 顔の緊張をほぐす

ストレスはさまざまな筋肉に緊張を引き起こし、疲労は表情に反映されます。顔のエクササイズはストレスがたまった一日の終わりに表情筋をリラックスさせるのに役立ちます。

  • 肌の色合いを改善

顔ヨガは全体のリンパ系を活性化し、肌の見た目を良くします。

  • 目の下のクマを解消

目の下をエクササイズすることで血のめぐりが良くなり、クマが解消されていきます。

  • しわの予防

数分間の顔ヨガをとりいれることで優しく肌をストレッチすることができます。結果、しわやたるんだ皮膚をなめらかにすることができます。

  • 二重あごや筋肉の炎症にきく

顔ヨガは筋肉を引き締めますので、しっかりと継続することで改善していきます。

  • 自信がつく

顔ヨガは年齢にかかわらず、自分と向き合う時間でもあります。呼吸を意識することで自信と幸福感を感じるようになってきます。

  • 自分の表情を知る

自分の顔が疲れているか緊張しているかなど、顔の筋肉の動きを認識することができるようになるので、表情について注意することが可能になります。

顔ヨガにかかる時間は毎日わずか数分ですし、もちろん自宅で行うことができます。10分から15分の顔のエクササイズをするだけで見た目がどんどん良くなってきますし、気分もあがってくるでしょう。

自宅でできる顔ヨガの方法

健康にも良く、見た目もよくなるという顔ヨガですが、やり方はとても簡単です。必要なのは「やる気」と「鏡」だけです。集中して行わないといけませんが、やっているうちにゲームのようで楽しくなってきます。

  • 目とおでこ

まず人差し指と中指の両方でV字型にして、眉毛の端にかぶせて軽く押します。次に同じ位置で天井を見て、まぶたを持ち上げます。片目でそれぞれ6回ずつ繰り返します。このエクササイズには目の下のたるみを改善し、クマを目立たなくさせるといった効果があります。

  • 目と舌

できるだけ目を見開いて舌をあご側に向けて出します。10秒間そこでじっとして、それから休憩します。これを6回繰り返して行ってください。このエクササイズは目の周りに溜まった毒素を流します

  • まぶた

まぶたは皮膚のたるみやメイクなどの影響を受けやすい場所です。まぶたをすっきりさせるには、まず顔の筋肉を使って眉を上げます。そして眉を上げたまま、目を閉じます。その間、鼻から深呼吸をしてください。これを6回繰り返します。

顔ヨガのバリエーション

  • 鼻の周りの筋肉は目視で確認することは難しいのですが、エクササイズを行って強化することができる筋肉の一つです。 鼻腔を数秒間軽く押してから離します。これを8回繰り返します。
  • ほっぺたを吸い込んで魚のような顔をします。30秒間その位置を保ち、そのあと数秒間リラックスするというのを繰り返します。これは唇の周りに形成されるしわの解消に役立ちます。顔ヨガ 表情筋
  • 魚の顔を作り、20秒間眉を上げます。少し休んでからこれを繰り返します。このエクササイズはしわを防ぐだけでなく、額の筋肉にも効きます
  • 次に頭皮のマッサージです。頭から下に向かって円を描くようにマッサージして、髪を優しくひっぱります。血行が良くなり、健康な髪の成長が促進され、頭の緊張をほぐすこともできます。

顔ヨガには年齢制限はないのでいつでも始められますが、できるだけ若い頃からとり入れることをおすすめします。顔ヨガをすることでナチュラルな若さを保ち、整った顔をキープすることができるでしょう。