夜に行うウォーキングなどのエクササイズの効果について

18 4月, 2019
朝にエクササイズをしてしまうとエネルギーを使い、夜を迎えるまでその日に使うエネルギーを消費しきってしまいます。

若い人でもお年寄りの方、どの年齢層でも夜時間がある時にエクササイズをすることによって健康を促進させることができます。肥満が気になる人や太りやすい人は特に、この夜にエクササイズをする習慣を身につけると健康を改善する事ができるでしょう。

消化活動、また新陳代謝の活性化は夜にウォーキングをすることによって改善、また促進させる事ができます。基本的なエクササイズを夜に行うことによって、あなたの体調や身体の健康を改善する事ができるのです。特に夜にウォーキングをすることによって良い効果が得られます。

夜のエクササイズではどんな効果が期待できるのか?

多くの人は朝方にエクササイズをすることに慣れてしまっていると思います。これは朝が長い睡眠のあと体を最も活発に動かす時間だからです。しかし朝にエクササイズをしてしまうとエネルギーを使い、夜を迎えるまでその日に使うエネルギーを消費しきってしまいます。

実際夜になると新陳代謝が弱くなります。消費するエネルギーは朝より低くなります。この時夕食として食べたものは、寝ている間グルコースとして体内に蓄積されてしまうのです。

もしこの習慣を変えて低強度のエクササイズを夜に行うならば、脂肪につくグルコースの量も減っていきます。新陳代謝も少し活発になり、体調を整える働きをします。もしくは少なくとも体調を整え安くなります。

消化を助ける

睡眠など体を休める時間が多いため、夜中に消化活動を行うことは体にとってはとても大変なことです。夜に体を動かすことによって新陳代謝を高め、消化を早くまたは効果的にすることができます。

ウォーキング 夜   エクササイズ

夜に行うエクササイズによって体型が整えられ、服のサイズも変わってくると思いますが、それだけではなく食後にある過剰な満腹感を軽減させることもできます。

今までの理由からわかるように、夜の簡単なウォーキングは効果的でまた疲れを感じる事なく、不眠症や消化の問題も解決することができます。そして夜快適に寝ることもできるようになります。

血糖値を調整する

2型糖尿病はある年齢の人々を圧倒的に苦しめている病気です。夜のウォーキングはこのような病気の方にもお勧めできる効果的なエクササイズです。

このウォーキングを始めるにあたってまず夕食後に短い距離を軽く歩いてみてください。15分間で構いません。歩くときはハキハキ歩くようにして下さい。

このエクササイズは夕食後に行うと効果的です。この時間にインスリンの値が落ちてくるからです。このようにして血糖値を調整する事ができます。

心臓の問題も予防する

夜にウォーキングをする事での一番の効果は、体内の様々な数値を改善することです。特にコレステロール値や血圧に関する数値を改善する事ができます。

ウォーキング 夜   エクササイズ

次の記事も参考にしてみてください。

ホームカーディオ:家で行える5つの効果的なエクササイズ

これらの数値を改善させることによって、心臓発作を起こしたり心臓疾患になる確率を減らす事ができます。また体を動かし続けることによって体の血液循環も改善させる事ができます。

夜のウォーキングの効果−体重を減らす

新陳代謝を高めることは体重を早く減らす事に繋がります。夜は体内に脂肪が蓄積されやすい時間です。これは体を動かす事が少ないので起こります。

次の記事も参考にしてください。

脂肪を燃焼して体を引き締める:効果的なヒントとは?

夜に歩くと体内の脂肪が蓄積されにくくなります。イタリア人はいち早くこのことに気づき、イタリアには「パサギアータ」と呼ばれる、夜にウォーキングをする習慣があります。彼らは楽しくて好きでこの運動を行なっていますが、しかしイタリア人はほとんどが平均体重を保っている事実があり、このエクササイズがいかに効果的かを表しています。

夜にウォーキングをする方法

もしあなたが夜にウォーキングを始めたいならば、さらに以下のことも気をつけるようにして下さい。

  • 視界が重要です。暗いので夜道が見えることも大事ですが、他の人があなたが視界に入るようにまた自動車などもあなたが見えやすいように気をつける事が大事です。フラッシュライトをつけて歩くと、水たまりやくぼみを見つけ安くなります。
  • もっと周りがあなたを見え安いように、反射するブレスレットやバンドを手首や足首につけて歩くことも効果的です。
  • 道をよく選んでください。急なアクシデントを避けるため、よく慣れた道を使うことも重要です。
  • 着る服も重要です。夜が深くなると気温が下がるため、履いたシューズや服もあなたを温めるのに役立ちます。
  • 始める前のトレーニングはいつも重要です。低強度のウォーキングから始め数分安定したペースで歩きます。そして徐々にペースを上げてより早く歩くようにします。