アクティブ・エイジングとは? その重要性を知ろう

10 7月, 2019
アクティブ・エイジングは世界保健機関(WHO)が定めた概念であり、高齢者の健康、また社会への参加、そしてその安全を提唱した取り組みです。

アクティブ・エイジングとは、高齢者が現在もまた将来においても主人公であり続けることができる社会の取り組みのことを言います。

アクティブ・エイジングは世界保健機関(WHO)が定めた概念であり、高齢者の健康、また社会への参加、そしてその安全を提唱した取り組みです。高齢になってからの生活の質を改善することを目的として考えられました。

アクティブ・エイジングは個々人はもちろんのこと、高齢者の団体にも当てはまる取り組みです。人々が人生のサイクルを通して身体的に、社会的に、また精神的にも自らの幸せや潜在能力を見つけ出すことができる社会にすること、また必要な時にまた自ら願って、その能力に応じてその社会に積極的に参加することができます。これら全ての活動において、社会は必要な時に必要な保護、安全、そして適度な援助を提供します。

アクティブ・エイジングの4つの柱

  • 身体的また精神的な健康。健康は精神的な安定をもたらしいつも積極的に活動できる原動力になります。
  • 社会への参加。機関や政府共々、自治、幸福、高齢者の健康を維持するために積極的な働きかけを行わなければなりません。
  • 安全。自分に自信を持つことで、目標達成を可能にします。
  • 生涯学習いくつになっても学ぶことをやめてはいけない、いつになっても新しく学ぶことはたくさんある、という考え方です。

アクティブ・エイジング

アクティブ・エイジングにおいて心に留めておくべきこと

健康的な生活習慣。50歳を過ぎたら健康を維持するために日々健全な生活習慣を持つように心がけ、それを生涯維持するように取り組むことが大事です。例えば毎日1時間はウォーキングをするといったように、何年経っても続けられるような目標を定めるようにします。

エクササイズ。自分の年齢や健康状態を考慮した上で、ウォーキングや他の運動など毎日エクササイズをすることが好ましいです。大事なことは持続的に体を動かすことです。

健康的な食生活。年齢や必要性を考えて食生活を健康でバランスのとれたものにすることは、体に必要で十分な栄養を摂ることができるようになり生活の質を向上することに繋がります。果物と野菜を摂ることは忘れないようにし、脂肪や砂糖を多く含む食べ物は避けるようにします。加えて、2リットルの水を毎日飲むようにすることが大事です。

アクティブ・エイジング

自然と触れ合う。良い天候や自然は体に良い影響を与えます。自然の多い田舎に旅行に行くことや川沿いの景色の良い道をウォーキングすることで自然と触れ合うこともできます。またペットを飼っているならば触れ合うことで心身が安定します。動物は変わらない愛でいつも接してくれる大事な存在です。

健康維持の仕方を学ぶ。人ぞれぞれ健康を維持するための習慣が違います。そしてそれを十分な知識を持って管理していかなくてはなりません。病院へ定期的に検診に行くこと、また必要な薬を飲むこと、タバコアルコールを控えることもアクティブ・エイジングには必要な習慣になります。

社会と家族と良い関係性を持つ。人は人を助ける、人との関係性はどの年代でもとても大事なことです。例えば友人間、隣人、親しい人や、または家族内でも良好な人間関係を築くことが大事です。人間関係が各個人の幸福度合いを決めるのです。

アクティブ・エイジング

生活の質を高める能力を磨く。余暇を楽しむ、エクササイズをする、また必要なコミュニケーションをとったり十分な会話をするなど、私たちはいつも健康でいるために外部との関わりに敏感でなければなりません。何か新しい活動に参加すること、ワークショップなどに参加する、また生活で必要な能力や技術は家でも磨くことができます。どんな活動もアクティブ・エイジングには多くのメリットをもたらします。

年齢を重ねるごとに健康をいつも考え、自分に適した健康習慣を身に付けることが重要です。今まで紹介したアドバイスに従うならば、時には達成が難しい生活の質の改善に繋がり、美しく年齢を重ねることができるでしょう。